すぐ辞めてしまう・・モチベーションは管理できるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続けたいのに続かない

ソラです。

アフィリエイトで稼いでいる人の実績を見たり、稼げるノウハウを購入した時に

  • 「自分も絶対稼いでやるぞ」
  • 「誰よりも頑張って成功してやる」
  • 「このノウハウを使いこなしてみせる」

・・などと、やる気がみなぎった経験がある人も多いでしょう。

しかし、実際に始めてみると、予想外の出来事があったり、プライベートで悩みがあったりすると

  • 「何かやる気が出ない」
  • 「まあ明日やればいいか」
  • 「忙しくて・・」

・・など。最初のやる気はどこかへ行ってしまい、断念してしまったこともあるんじゃないでしょうか。

もしモチベーションが途切れて断念してしまった経験があるのでしたら、非常に損をしています。
なぜなら、成功者の多くがモチベーションを維持して、努力を続けることにより目標を達成しているからです

今日は、モチベーションを維持していくための方法について話していきたいと思います。

モチベーションで行動が変わる

さて、会社での風景を思い出してみてください。

  • 早くから出勤し、1日中元気でスピーディーに仕事をこなし、成績も良く、突然のトラブルにも迅速に対応できる人
  • 遅刻寸前で出社し、1日中眠そうでやる気がなく、不平不満ばかり言う周りのやる気を削ぐ人

このような人たちはどこの会社にもいるのではないでしょうか。
きっとあなたの働いている会社にもいると思います。

この両者の違いはモチベーションを維持できているかどうかなんです
実際に生活していると様々な問題が起こります。そんな時に、モチベーションを維持する方法を身に付けていないと
あなたの人生は悪い方へと流れていってしまうんです。

維持するのが難しいモチベーションですが、人は自分の好きなことや関心のあることをしているとモチベーションが維持されやすいです。
例えば、毎日職場に嫌々通勤し、ダラダラと仕事している人がいたとします。

しかし、ある時好みの異性が自分の職場に配属されたら、毎日が楽しくなり、良いところを見せようと仕事も頑張ってしまうでしょう。

(いきなり意欲的に行動し始める)

つまり、自分のいる環境に少しでも興味のあることが増えるだけで底辺だったモチベーションが一気に跳ね上がるということもあるわけです。
今回は、そんな“モチベーション”を高い状態で維持していく方法についてお伝えしていきます。

モチベーションがもたらすもの

モチベーションが維持できれば

  • 自分に自信が持てるようになる
  • 何か起きても切り替えが早いので悩む時間が減る
  • 意欲的に取り組むことで成果が出て収入も上がる

・・など。あなたの人生にプラスの変化をもたらしてくれるでしょう。

しかし、モチベーションが低下してしまえば

  • 行動しなくなるので人間的魅力が下がる
  • 現状の嫌な仕事を続ける日々から脱出が出来ない
  • 理想の自由が手に入らない

・・など。あなたの人生を退屈でつまらないものにしてしまいます。

私自身も、ちょっとしたことでモチベーションが低下し、作業が中断していまうことがありました。
ですが、自分の明るい未来を想像することで希望が持てモチベーションを維持することが出来たんです

なので、今まで挫折をしてきてしまったあなたでも、理想の未来を想像することで、きっとモチベーションを維持できるようになります。

モチベーションを維持するために取り入れるべきは良い習慣

そもそもモチベーションが維持できないのは、良い習慣が身に付いていないからです。
成功者ほど、自分の生活の中に良い習慣を積極的に取り入れて、常に実践しているのです。

良い習慣と言っても様々ですが、『ポジティブな言葉を使う』というのが個人的にオススメです。

ポジティブな言葉を使うというのは、何か嫌な出来事が起こった時に「良かった」などという言葉を発するということです。
「良かった」という言葉を発すると、『何が良かったのか』というように脳が考え始めます。

例えば、車を運転していて人が飛び出してきた時に、「良かった」と言うと
『あれだけ急に飛び出されたのに止まることが出来て良かった』というように考えられます。

もちろん「良かった」ではなくても、「ついてる・ありがたい・幸せ」など
簡単に発せられるポジティブな言葉であれば問題ありません。

人間は元々ネガティブ

本来人間は物事を悪く考えるクセがついてしまっているんです。
なぜかというと、原始時代、あらゆる危険から身を守るために、最悪の状態を想定して警戒することで、自分たちの身を守ってきたからです。

(いつも危険と隣り合わせ)

本能の中にネガティブが組み込まれてしまっているので、普通に何も意識せず生活してしまっていたら、すぐにモチベーションは低下してしまいます。

しかし、それでも成功者たちは、実際にこの本能に打ち勝ちモチベーションを維持しているんです。
では、具体的にどうすればこの本能に打ち勝っていけるのかを解説していきますね。

振り返りながら実践

モチベーションを維持するために欠かせないのは“簡単に”自分の感情や目標を振り返ることが出来る環境を作ることです。

特に意識して欲しいのが、振り返るのが簡単であることです
モチベーションを維持するための作業でモチベーションを低下させてしまったら本末転倒です

この作業に労力はかけないようにしてくださいね

実際にモチベーションを維持する作業の流れは以下になります。

まずは、カレンダーやスケジュール帳を準備する。
そして、準備したものに、目標を書き込む
最後に、1日の終わりにモチベーションを管理するための時間を設ける。

具体的なステップは以下の通りです。

1、視覚化する
2、達成状況の確認

ステップ1、視覚化する

まず、用意した紙に
なぜ自分が目標を抱いたのかという動機と、最終的に達成したい目標を記入してください

出来ればスケジュール帳だけでなく、トイレや玄関など、目に付く場所に貼るとより良いです。
自分自身の悔しい気持ちも、理想も確認できるので意欲が湧きやすくなります。

そして、達成することが可能そうな小さな目標も作成して、スケジュールやカレンダーなどに記入しておいてください

  • 1日2時間パソコンで作業をする
  • 毎朝、自分が尊敬する人の言葉を読む

といった感じです。

ステップ2、達成状況の確認

1日の終わりに、ステップ1で立てた小さな目標が達成できたかチェックしてください。
達成出来たら日にちを赤で囲むなどすると分かり易いです。

(達成状況を分かりやすくする)

そして、「これでまた一歩目標に近づいたぞ」などと自分に言い聞かせると、ゴールを実感することが出来るのでオススメです。

今回のまとめ

今回は、

  • モチベーションを維持できれば目標を達成出来る
  • モチベーションを維持するための良い習慣を持つ
  • モチベーションを維持するための作業

について話してきました。

継続は力なりという言葉があるように、才能がある人が目標を達成出来る訳ではなく、努力し続けた人が目標を達成出来るんです。

(努力した人だけが味わうことが出来る世界)

モチベーションを維持することで毎日継続することが可能になります。
ですが、モチベーションが下がってしまえば簡単に中断されてしまいます。

一度中断して、「明日こそ」と言っている内に、いつしか全くやらなくなってしまうのはもったいありません

そうならないためにも、自分でモチベーションを管理出来るようになってください。
そのためにも、今日からモチベーションを維持する作業を実践して欲しいと思います。

そして、モチベーションを維持することが出来たら、自分自身の作業を効率化してより目標達成へ近づいて欲しいと思います。

以下の記事にて作業の効率化について解説していますので、まだ読んでいない方は是非読んでみてくださいね。

アフィリエイトは1日何時間やれば稼げるの?

モチベーションを維持出来れば
周囲の人よりもより多くの行動が出来て、収入も確実に上げていくことが出来るでしょう。
さらには、周りも巻き込んで良い仲間を作り、共に成功していけたら素晴らしいです。

しかし、本能に負けてモチベーションを低下させてしまえば、何度チャンスが巡ってこようと自分自身でチャンスを手放してしまうことになるんです。

やる気が出ても、一時のやる気はすぐに覚めてしまいますよ

人生には限りがあります。あなたが、モチベーションを維持していくことが出来たら
残りの人生は希望に満ちているんです。

つまらないことであなたの夢を破壊してしまうのは卒業しましょう
目標の達成に向けて自分を管理出来る人間になってくださいね。

本日は最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。
もし、疑問や不明な点などありましたら、私ソラまでお問合わせください。

→ソラへ問い合わせる

これからもためになる情報を発信していきますので是非またお越しください。

私と一緒に人生をより良いものにしていきましょう。

ソラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。