本当にお金が増えるの?永井丈晴 口座開設と同時にお金が増えるSHARE-BANK(シェアバンク)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

永井丈晴 口座開設と同時にお金が増えるSHARE-BANK(シェアバンク)のレビュー

ソラです。

無料案件にて

1万円を預けるだけで

5万、10万、100万、1000万と増え続けていく!!

口座開設と同時にお金が増え続ける銀行

と書かれたものを発見しました。

明らかに怪しい雰囲気が漂っているのですが、興味を持つ人も多そうであったのでレビューをしていきたいと思います。

永井丈晴 口座開設と同時にお金が増えるSHARE-BANK(シェアバンク)の内容

具体的な内容に関しての記述は一切なく、とにかくLINE@に登録させるために必死といった感じです。

大手銀行を批判しつつ、

自分が作った世界初の銀行にお金を預ければお金が増えていくよ

といったことを言っていますが、あなたは大切なお金を、どこの誰かも分からない人物が作った信用出来ない銀行にお金を預けることが出来ますか?

少なくとも私は信用出来る大手の銀行にお金を預けたいです。(預金をしてお金を増やすことが目的ではないので)

そして、

  • 1万円が1年で90万円
  • 3年で1000万円

とありますが、仮にマイホームを購入するために1000万円貯めていた人が1000万円預けたとしたら

  • 1年で9億円
  • 3年で100億円

になってしまいます。

有り得ませんよね?

あきらかに情報弱者や、お金が必要で思考能力が低下している人を狙っているとしか思えません。

永井丈晴 口座開設と同時にお金が増えるSHARE-BANK(シェアバンク)の実態

特商法を見てみると販売者が島田慎平とはかいてありますが、どこの会社が運営しているのかが不明です。

さらに連絡手段もメールのみといった感じで、こちらに不利益が生じても連絡が取れるとは思えません。

特商法を記述していないものよりはマシかもしれませんが、これでは記述していないのと大差ないでしょう。

そして、

 なお本キャンペーンにご登録された場合、池田よしふみが発行する メールマガジンを送ることに許諾いただいたものとします。

とされています。

こういった無料案件は無料と言いつつ最終的に30万円ほどの高額塾の販売があるのが普通なのですが、今回のSHARE-BANK(シェアバンク)では池田よしふみ氏のメルマガにも登録されてしまいます。

池田よしふみ氏も過去に無料案件で高額塾を販売しています。

なので、今回のSHARE-BANK(シェアバンク)は、情報弱者や、お金が必要で思考能力が低下している人に高額塾を販売して稼ぐというのが目的でしょう。

永井丈晴 口座開設と同時にお金が増えるSHARE-BANK(シェアバンク)のまとめ

今回は1万円を預けただけでお金がどんどん増えていくというSHARE-BANK(シェアバンク)について解説してきましたがオススメは出来ません。

お金を銀行に預けて増やそうとするのではなく、自分で稼いだお金を信用出来る銀行に預けるようにしましょう。

もしあなたが今より自由に使えるお金が欲しいのであれば、是非アフィリエイトに取り組んでみてください。

アフィリエイトであれば自分のした作業がネット上に資産として残り不労所得を得ることが可能になるんですね。(ネットで何か検索して出てくるサイトはほとんどアフィリエイトをしているサイトです)

そこで今回は、パソコン初心者でも簡単に取り組めるアフィリエイトについてまとめましたので

空き時間に自分のペースで作業をして本業以外からの収入源が欲しい

という方は以下の記事を読んでみてくださいね。

→パソコン初心者でも稼げる7つのアフィリエイト手法はこちら

この記事の内容を一部公開すると・・

  • 自分で文章を書かなくても勝手に記事が更新されるポータルサイトを自動運営して広告収入という名の不労所得を得る
  • アドレスを無料登録してもらうだけで1件4000円の報酬がもらえる出会い系サイトアフィリエイト
  • YouTubeの動画を紹介しつつ広告を貼っておくだけで広告収入をゲットする動画まとめサイト
  • 顔出し不要で時給1万円のYouTube動画を作成するノウハウ

・・など。

ネットビジネスは、情報が非常に多く詐欺に遭ってしまう方も多いですが、可能性に満ち溢れた素晴らしいビジネスです。

なので、怪しいものに騙されずにガンガン稼いでください。

ネットビジネス無料相談開催中

→ネットビジネス無料相談会

あなたを成功させるために、私も全力を尽くしますので、分からないことはどんどん聞いてくださいね

私と一緒に、人生をより良いものにしていきましょう。

ソラ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。