クローン病患者が在宅ワークで会社員以上に稼ぐためにしたこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クローン病でも在宅ワークで自由を掴み取った男の話

ソラです。

このRevenge projectのブログでは、私自身のことを“難病患者”と述べて来ましたが、

同じ病気で苦しんだ自分だからこそ助けになれるのでは?

という思いから、同じ病気の方に対して現状を打開するキッカケになるコンテンツを作成することにしました。

タイトルを読めば分かるかと思いますが、私はクローン病という難病を患っています。(病院によってはなぜか潰瘍性大腸炎と診断されるため4年ほど潰瘍性大腸炎として過ごした時期もあります。)

この病気で何よりもネックになってくるのは

急激な腹痛によりトイレがない場所(状況)に行けない

といったことでしょう。

他にも

  • 食事制限
  • 全身のだるさ

・・など、人によって病状は違いますが1番の問題はトイレだと思います。

私自身も、かなり酷かった時期は1日30回以上トイレに駆け込む生活が続いていたこともあり、仕事どころか自宅のトイレから離れることすら出来ませんでした。

しかし現在では

  • 食事制限はほぼなし
  • トイレも駆け込むことがほとんどなくなった

といった感じで、妻からも

「本当に良くなったね」

と言われるようにまでなりました。

ではなぜこんなにも回復したのか?

と聞かれたら、迷わずに

アフィリエイトに出会ってストレスなく自分のペースで仕事が出来るようになったから

と答えるでしょうね。

なので今回は、自己紹介に近い内容になってはしまいますが、同じクローン病で悩んでいる人が

自分でも希望が持てた

と思ってもらえるように、私の過去の話も交えながらお話させていただきます。

クローン病ではない方も

こんなボロボロの人でもアフィリエイトで稼げるようになったのなら俺でも出来るな

といったことを思っていただけたら幸いです。

仕事のストレスが原因でクローン病を発症

私は、21歳の頃に休みなし50連勤14時間労働をしつつ、同じ会社で嫌われていた上司から嫌がらせを受け続けて極度のストレスで下血と激しい腹痛に襲われました。

当然下血しても仕事を休むことも出来ず、上司からの嫌がらせも続いていたため仕事を続けることが困難なレベルまで体調を崩したんです。

よって退職することになったのですが、不思議なことに仕事を辞めてすぐに体調が回復したため、すぐに営業の会社に転職しました。

しかし、営業がやりたくて就職したのになぜか事務として働くことになってしまたんです。

私自身じっとしていることが出来ない性格のため

事務は一生やらない

と決めて職場を選んでいたため、絶対にやりたくなかった事務職を続けた結果、入社から2ヶ月経ったあたりで入院するほど体調が悪くなりました。

入院後いろいろな検査をして、22歳の誕生日に

  • 静脈にカテーテルを入れて絶食生活スタート
  • 主治医から一生食事は出来ないかもしれないと告げられる
  • 職場の支店長が訪れ自分から退職するように促されれる

といったことが一気にやってきたのです。

なので、私がクローン病になった一番の原因は“ストレス”であることは間違いないでしょう。

クローン病で適した仕事の内容とは?

クローン病患者は人によって病状が異なるため、職場の上司や同僚に自分の病状を伝え理解をしてもらうことが重要です。

しかし、クローン病患者は一目見ただけでは全く病気であることは分からない人が多いです。

(見た目上には分からないため普通に働いているように見える)

私も23歳の頃に

「クローン病という病気のためお酒は飲めません」

と何度言っても中々信じてもらえず、職場の飲み会の度に嫌な思いをしてきました。

自分の体調に合わせながら自分のペースで働けることが重要なのですが、中々そんな職場ばかりではないため苦しむ人が多いんですね。

クローン病で仕事を休みがちに

23歳の頃はクローン病の症状も落ち着いていたのですが、トイレに行くことが出来ない職場で働いてしまっていたため、体調が悪い日はどうしても仕事を休まざるを得ませんでした。

ただ、仕事中にトイレに行きたくなることも当然あり、我慢をしながら働く日々が何年も続いていくうちに徐々に仕事を休んでしまう日が増えていってしまったんです。

(将来に対して不安しかない・・)

なので、

このまま定年まで働き続けることは出来るのだろうか?

といった不安な状態で仕事を続けていました。

転職すべきか・・クローン病で仕事を辞める

悪い予感は見事に的中し体調が悪化したのですが、当時通っていた病院の主治医から

「このまま今の仕事を続けていたら死ぬよ。転職した方が良い」

と言われてしまいました。

しかし、妻と一緒にアパートで生活してたため

仕事を辞めたら生活費がなくなってしまう

といった問題に直面して、そのまま無理をしながら2年ほど仕事を続けました。

(お金がないため選択肢は限られていた)

結果は言うまでもなく、家から出ることも困難なほど体調を崩し最終的に仕事を辞めることになったんですね。

クローン病で仕事を探す難しさ

体調が少し落ち着き仕事を探そうとしたものの、隠すことが出来るような病気ではなかったので正直に病名を述べつつ就職活動をしました。

しかし、

  • もっと楽な仕事をした方が良いよ
  • 治らないってことは入院する可能性もあるんでしょ?それは困るよ

・・などといった言葉を言われ続け、

妻と子供を養わなければいけないのにどうしたら良いんだ?難病患者は質素な質素な生活を送るほどの収入さえ得られないのか?

といった苦悩が続きました。(障害者ではないため一般求人で仕事を探していたんですが本当にきつかったです。)

しかし、そんな絶望でどん底だった私ですがアフィリエイトというものにめぐり合うことで人生を激変させることが出来たんですね。

クローン病患者が在宅で出来る仕事はあるのか

私は普通に就職することを諦めかけていたため、毎日必死で在宅で出来る仕事を探し続けていました

  • クラウドワークス
  • せどり
  • 転売

・・など、様々なものを探して調べていたのですが、甘い言葉に誘われて見事に詐欺のようなものに引っかかりお金を支払う寸前までいきました。(寸前で妻に止められたお陰で振り込まずに済みました。)

しかし、在宅で仕事をすることを諦めきれなかったため、ネットで様々な情報を探し続けていたところアフィリエイトというものを発見したんですね。

もちろん、詐欺に遭いかけたばかりだったため

  • 本当に大丈夫か?
  • 下手に手を出してひどい目に遭わないかな?

・・などといった感じでかなり慎重になってはいたのですが、調べれば調べるほどクローン病患者でパソコン初心者の自分でも出来そうなことが分かって来たんです。

とはいえ

  • 「ソラさんだから出来たんでしょ?」
  • 「実はパソコン得意だったんじゃないの?」

といったことを思うかも知れませんが

  • 自分のパソコンすら持っていない(妻にパソコンを借りて始めました)
  • 下手をすれば1年の内1回もパソコンに触ることすらない
  • コンビニのコピー機でコピーをすることも困難なほどの機械音痴

・・など、こんな自分でも現在は人にアドバイスをするほどにまでなったので、

  • パソコンは全然出来ない
  • ビジネスなんてやったことないけど

といった方でも全く問題ありません。

クローン病患者に最適な在宅ワークはアフィリエイト

アフィリエイトのメリットですが、

  • 稼げる金額は制限なし
  • 働く場所や時間も自由
  • 社員を雇う必要もなし
  • 失敗しても失うものがない
  • 在庫を抱える必要もない
  • 収入を自動化出来る
  • 嫌な人と働く必要がない
  • 初期投資も少なく始めることが出来る

といったものがあります。

なので、自分の体調に合わせて自宅で作業をしながら会社員以上の収入を得ることが可能ですし、入院してもパソコン使用可能であれば問題なく作業が出来ます。

さらに、自分がした作業がネット上に資産として残っていくので

  • 体調を崩していても
  • 入院していても
  • 大腸カメラをやっていても

勝手に売上が上がってしまうことすらあるんですね。

(この記事の後半にもリンクがあるのでそのまま読み続けていただいて大丈夫ですが、今すぐ知りたい場合は以下からご覧ください。)

→ネットビジネス初心者のためのアフィリエイト入門

もちろん完璧なものは存在しないので、アフィリエイトにもデメリットはあります。

アフィリエイトのデメリットとしては

  • 即金性がない
  • やめようと思えばすぐに辞められてしまう

といったことでしょう。

時給制ではないため、1時間作業したから1000円などといったことはなく、報酬が発生し始めるまでは作業を続ける必要があります。

そのため、1ヶ月も実践しない内に諦めてしまい

アフィリエイトなんて稼げないから辞めた方が良い

といったことを言う人がいるわけです。(取り組むものよっては1ヶ月目から報酬が発生するものもあります。)

また、実際のビジネスと違って何百万円もかけて始めるようなものでもないので、

めんどくさいからやーめた

などといってすぐに辞めることも出来てしまうんですね。

(いつでも辞められるためだらけやすい)

正直言って、実際にアフィリエイトで稼げるようになった自分から言わせてもらえば

コツコツ努力を続ければ稼げるようになるのにもったいないなぁ

といった感じです。

私が思うに、クローン病患者を含む難病患者は

現状をどうにかしたい

という想いが普通の人よりも強いはずなので、こういった努力すれば誰でも稼げるようになるジャンルには非常に向いていると言えます。

さらに、アフィリエイトという収入源を得ることで本業で無理をする必要もなくなり、働く時間を減らすことも可能になってくるでしょう。

  • 副業として取りくむもOK
  • 副業として取り組みつつ本業以上の収入を目指していくのもOK
  • 治療の合間に取り組みつつ自分だけの力で生きていくスキルを身に付けるのもOK

といった感じですね。

クローン病患者でも完全在宅のアフィリエイトでストレスのない人生を生きる

今回は

  • 私と同じクローン病で苦しむ人
  • クローン病で人生が狂ってしまった人

に対して、

  • 希望となる情報を提供する
  • アフィリエイトで成功して病気で苦しむ人生から抜け出して欲しい

という思いから、クローン病で転落した私の人生を救ってくれたアフィリエイトの魅力について解説してきました。

  • クローン病や潰瘍性大腸炎の患者会
  • ハローワーク
  • 難病支援センター

どこにいってもアフィリエイトという情報を得ることは出来ませんでしたし、身の回りで教えてくれる人もなかったんですね。(当たり前ですが・・)

なので、「同じ病気で苦しんでいる人の助けになれたら良いな」と思い今回は記事を書かせていただきました。

実際に私もアフィリエイトで生計を立てられるようになったお陰で、

  • 自宅で仕事が出来る
  • 自分の体調に合わせて作業が出来る

といった環境でストレスなく生活していたらどんどん病状も良くなりました

むしろ健常者の妻より元気です。

なので、

「自分は難病患者だから」

といって買いたいものを諦めたり、自分を低く見る必要はありません。

アフィリエイトであればサラリーマン以上の金額を稼ぐことが出来るので、健常者以上の幸せな人生を掴み取ってもらえたらと思います。

アフィリエイトの詳しい説明はこちら

→ネットビジネス初心者のためのアフィリエイト入門

本日は最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

質問や感想などありましたら以下からお問い合わせください。

→ソラに問い合わせる

本気のメッセージには私も全力でお返事させていただきますので、

「こんなこと聞いても大丈夫かな」

といった心配はせずに気軽にメッセージを送っていただけたらと思います。

ネットビジネス初心者の方だけに限らず、同じ難病で悩む人の役に立てるように情報を発信していきたいと思いますので是非またお越しくださいね。

私と一緒に人生をより良いものに変えていきましょう。

ソラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。