在宅可!潰瘍性大腸炎患者が安定した人生を送るために選ぶべき仕事とは・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

潰瘍性大腸炎でも仕事復帰出来るのか?

ソラです。

先日以下のクローン病に関する記事

→クローン病患者が在宅ワークで会社員以上に稼ぐためにしたこと

を書きましたが、私の病歴は

  • 18歳・・潰瘍性大腸炎と診断される
  • 22歳・・総合病院に入院しクローン病と診断され直す
  • 24歳・・何件も病院も回るもクローン病ではなく潰瘍性大腸炎と診断される
  • 28歳・・総合病院でクローン病であると診断される

といった感じになります。

なので、現在はクローン病と診断されていますが潰瘍性大腸炎として治療を受けてきた期間の方が長いんです。

安倍さんが総理大臣になった時は

「これでクローン病や潰瘍性大腸炎の患者たちにとって生きやすい世の中になるかも」

と期待したものですが、現状は

「このまま行くと難病から除外されるんじゃないか」

と思ってしまうほどです。

クローン病にとっても潰瘍性大腸炎にとっても、とても生きやすいと言える世の中ではなく、病気に対する理解もされないため困難な状況にいる方も多いかと思いますが、同じように苦しんだ私が

どのようにしてどん底から這い上がったか

といったことを簡単に紹介しつつ、この記事を読んでいるあなたにも希望を持っていただけたらと思います。

仕事のストレスが積み重なり潰瘍性大腸炎が悪化

まず、私が18歳の時に潰瘍性大腸炎になるキッカケとなった出来事を簡単に紹介します。

高校の部活を引退後、打ち込むものがなくなって「ドラゴン桜」という漫画を読んだのをキッカケに

「有名大学を目指そう」

といった単純な動機で、平日5時間・休日13時間勉強する日々がスタートしました。

しかし、夏休みのある日、家庭の金銭事情について両親がもめているのを隣の部屋で1時間も聞いてしまい

  • 志望校は私立で自宅からは通えないためお金がかかる
  • 家の金銭事情では大学進学が厳しい(なぜか奨学金は借りさせてもらえませんでした)

という壁にぶつかり

今まで勉強してきた時間は一体・・どうせ努力しても無駄に終わるならもういいや

といった感じで、極度のストレスが原因で次の日から下血し始め潰瘍性大腸炎になりました。

社会に出てからも仕事での強いストレスを受けると病状が悪化することがあったので、ストレスが病気に与える影響は身を持って実感しています。

潰瘍性大腸炎に耐え切れず仕事を辞めたいと思うようになる

潰瘍性大腸炎の症状が悪化すると仕事を休むこともあるのですが、1日・2日休んだからといって

完全復活

というほど元気にはなりません。

(とてもこんな元気はない・・)

むしろ休んでいても悪化することすらありました。

しかし、働かなければ生活していくことも出来ませんし、休んでばかりいると職場で悪く言われるので無理して出勤するしかないんです。

仕事したくて堪らないというわけではありませんでしたが、仕事したくても体調が悪過ぎて

仕事辞めたい

ということばかり思っていました。

病院に行っても治らない病気持ちながら働くというのは精神的にも肉体的にもかなりハードなものがあるんです。

潰瘍性大腸炎で仕事を繰り返し辞める日々

22歳の時にクローン病と診断されて入院したのですが、入社して早々に入院をしてしまったためクビになりました。

ただ、経済的に誰かに頼れる状況になかったため、退院後からすぐに働くしかなかったんですね。

(マイナスの世界から抜け出せない)

体調が回復しきっていない状態で働くわけですから、当然すぐにまた体調が悪化して働けなくなり

就職→悪化→退職

といったことを繰り返したため20代は履歴書の職歴がかなり激しいです。

潰瘍性大腸炎で入院後に仕事復帰出来るのか?

私の場合はトイレに行くことが出来ない仕事に就いてしまっていたため、潰瘍性大腸炎が再発した際は仕事を退職せざるを得ませんでした。

その半年以内に

再就職→病状悪化→入院してクローン病と診断される→クビ

という流れであったため、仕事に復帰ということは出来ませんでしたが、理解のある会社であれば復帰することは可能でしょう。

ただ、私自身のように退職してしまってから再就職というのはかなり大変な道のりをたどる可能性もあります。

トイレに駆け込む必要性があり病気を隠して働ける気がしなかったので、素直に履歴書にクローン病(時期によって潰瘍性大腸炎)と記入して就職活動をしました。

すると、

  • 書類選考・・全滅
  • 面接・・病気だと分かった瞬間に態度が激変して落ちまくる

といった感じで、合格する流れであったアルバイトですら病気を理由に落とされたことも何度もあります。

(働く意志があっても働かせてもらえない)

なので、

クローン病(潰瘍性大腸炎)によって社会から追い出された

という絶望感でいっぱいになっていた時期もあります。

潰瘍性大腸炎の人が選ぶべき仕事は在宅ワークがオススメ

私は普通に就職することを諦めかけていたため、毎日必死で在宅で出来る仕事を探し続けていました。

  • クラウドワークス
  • せどり
  • 転売

・・など様々なものを探して調べていった結果、見事に詐欺のようなものに引っかかりお金を支払う寸前までいきました。(寸前で妻に止められたお陰で振り込まずに済みました。)

しかし、在宅で仕事をすることを諦めきれなかったため、ネットで様々な情報を探し続けていたところアフィリエイトというものを発見したんですね。

もちろん、詐欺に遭いかけたばかりだったため

  • 本当に大丈夫か?
  • 下手に手を出してひどい目に遭わないかな

・・などといった感じでかなり慎重になってはいたのですが、調べれば調べるほどクローン病患者(潰瘍性大腸炎)でパソコン初心者の自分でも出来そうなことが分かって来たんです。

  • 自分のパソコンすら持っていない(妻にパソコンを借りて始めました)
  • 下手をすれば1年間パソコンに触ることすらない
  • コンビニのコピー機でコピーをすることも困難なほどの機械音痴

・・など、こんな自分でも現在は人にアドバイスをするほどにまでなったので、

  • パソコンは全然出来ない
  • ビジネスなんてやったことないけど

といった方でも全く問題ありません。

潰瘍性大腸炎患者に最適な在宅ワークはアフィリエイト

アフィリエイトのメリットですが、

  • 稼げる金額は制限なし
  • 働く場所や時間も自由
  • 社員を雇う必要もなし
  • 失敗しても失うものがない
  • 在庫を抱える必要もないため損をしない
  • 収入を自動化出来る
  • 嫌な人と働く必要がない

といったものがあります。

(パソコンとネット環境さえあればどこでも仕事が出来る)

なので、自分の体調に合わせて自宅で作業をしていくことが可能ですし、入院してもパソコン使用可能であれば問題なく作業が出来ます。

さらに、自分がした作業がネット上に資産として残っていくので

  • 体調を崩して会社を休んでいても
  • 入院していても
  • 大腸カメラをやっていても

勝手に売上が上がってしまうことすらあるんですね。

(この記事の後半にもリンクがあるのでそのまま読み続けていただいて大丈夫ですが、今すぐ知りたい場合は以下からご覧ください。)

→ネットビジネス初心者のためのアフィリエイト入門

もちろん、完璧なものは存在しないのでアフィリエイトにもデメリットはあります。

アフィリエイトのデメリットとしては

  • 即金性がない
  • 辞めようと思えばすぐに辞められてしまう

といったことでしょう。

時給制ではないため、

1時間作業したから1000円

などといったことがなく、報酬が発生し始めるまでは作業を続ける必要があります。

そのため、1ヶ月も実践しない内に諦めてしまい

アフィリエイトなんて稼げないから辞めた方が良い

といったことを言う人がいるわけです。(取り組むものよっては1ヶ月目から報酬が発生するものもあります。)

また、実際のビジネスと違って何百万円もかけて始めるようなものでもないので、

めんどくさいからやーめた

などといってすぐに辞めることも出来てしまうんですね。

(いつでも簡単に辞めれてしまう)

実際にアフィリエイトで稼げるようになった自分から言わせてもらえば

コツコツ努力を続ければ稼げるようになるのにもったいないなぁ

といった感じです。

私が思うに、潰瘍性大腸炎を含む難病患者は

どうにかして現状を打開したい

という想いが普通の人よりも強いはずなので、アフィリエイトのように努力すれば誰でも稼げるようになるビジネスモデルは非常に向いていると言えます。

さらに、アフィリエイトという収入源を得ることで本業で無理をする必要もなくなり、働く時間を減らすことも可能になってくるでしょう。

  • 副業として取りくむもOK
  • 副業として取り組みつつ本業以上の収入を目指していくのもOK
  • 治療の合間に取り組みつつ自分だけの力で生きていくスキルを身に付けるのもOK

といった感じですね。

潰瘍性大腸炎でもアフィリエイトという在宅ワークで自由に生きる

今回

  • 私と同じように潰瘍性大腸炎で苦しんだ人
  • 潰瘍性大腸炎で人生が狂ってしまった人

に対して、

  • 希望となる情報を提供する
  • この記事をキッカケにアフィリエイトで自由を手に入れて欲しい

という思いから、潰瘍性大腸炎(クローン病)で転落した私の人生を救ってくれたアフィリエイトの魅力について解説してきました。

  • クローン病や潰瘍性大腸炎の患者会
  • ハローワーク
  • 難病支援センター

どこにいってもアフィリエイトという情報を得ることは出来ませんでしたし、身の回りで教えてくれる人もなかったんですね。

なので、同じ病気で苦しんでいる人の助けになれたら良いなと思い今回は記事を書かせていただきました。

実際に私もアフィリエイトで生計を立てられるようになったお陰で、

  • 自宅で仕事が出来る
  • 自分の体調に合わせて作業が出来る

といった環境でストレスなく生活していたらどんどん病状も良くなりました。

むしろ健常者の妻より元気です。(私が妻の看病をすることはあってもその逆はないくらい元気になりました)

そして、一応病院には通っていますが主治医の先生もから

「薬をかなり減らしてもここまで元気だからほとんど飲まなくても大丈夫なのかもね」

と、外出すら困難であった私がここまで言ってもらえるところまで回復したんですよ。

なので、

自分は難病患者だから

と言いながら買いたいものを諦めたり、自分を低く見る必要はありません。

アフィリエイトであれば在宅でサラリーマン以上の金額を稼ぐことが出来るので是非取り組んでみてください。

アフィリエイトの詳しい説明はこちらから

→ネットビジネス初心者のためのアフィリエイト入門
本日は最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

質問や感想などありましたら以下からお問い合わせください。

→ソラに問い合わせる

本気のメッセージには私も全力でお返事させていただきますので、

こんなこと聞いても大丈夫かな

といった心配はせずに気軽にメッセージを送っていただけたらと思います。

ネットビジネス初心者の方だけに限らず、同じ難病で悩む人の役に立てるように情報を発信していきたいと思いますので是非またお越しください。

私と一緒に人生をより良いものに変えていきましょう。

ソラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。