在宅可!潰瘍性大腸炎患者が安定した人生を送るために選ぶべき仕事とは・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

潰瘍性大腸炎でも仕事復帰出来るのか?

ソラです。

この記事では、トイレの不安がつきものの潰瘍性大腸炎患者が、安定して収入を得ていく為に実践すべき事について解説していきます。

(真面目な人であれば、最低月収30万円以上は安定して稼ぎ続けられます。)

私の病歴は

  • 18歳・・潰瘍性大腸炎と診断される
  • 22歳・・総合病院に入院しクローン病と診断され直す
  • 24歳・・何件も病院も回るもクローン病ではなく潰瘍性大腸炎と診断される
  • 28歳・・総合病院でクローン病であると診断される
  • 29歳・・1年ごとに行っている大腸カメラで潰瘍性大腸炎と診断され直す

といった感じになります。

安倍さんが総理大臣になった時は

「これでクローン病や潰瘍性大腸炎の患者たちにとって生きやすい世の中になるかも」

と期待したものですが、現状は

「このまま行くと難病から除外されるんじゃないか」

と思ってしまうほどです。

クローン病にとっても潰瘍性大腸炎にとっても、とても生きやすいと言える世の中ではなく、病気に対する理解もされないため困難な状況にいる方も多いかと思いますが、同じように苦しんだ私が

どのようにしてどん底から這い上がったか

といったことを簡単に紹介しつつ、この記事を読んでいるあなたにも希望を持っていただけたらと思います。

仕事のストレスが積み重なり潰瘍性大腸炎が悪化

まず、私が18歳の時に潰瘍性大腸炎になるキッカケとなった出来事を簡単に紹介します。

高校の部活を引退後、打ち込むものがなくなって「ドラゴン桜」という漫画を読んだのをキッカケに

「有名大学を目指そう」

といった単純な動機で、平日5時間・休日13時間勉強する日々がスタートしました。

しかし、夏休みのある日、家庭の金銭事情について両親がもめているのを隣の部屋で1時間も聞いてしまい

  • 志望校は私立で自宅からは通えないためお金がかかる
  • 家の金銭事情では大学進学が厳しい(なぜか奨学金は借りさせてもらえませんでした)

という壁にぶつかり

今まで勉強してきた時間は一体・・どうせ努力しても無駄に終わるならもういいや

といった感じで、極度のストレスが原因で次の日から下血し始め潰瘍性大腸炎になりました。

社会に出てからも仕事での強いストレスを受けると病状が悪化することがあったので、ストレスが病気に与える影響は身を持って実感しています。

潰瘍性大腸炎に耐え切れず仕事を辞めたいと思うようになる

潰瘍性大腸炎の症状が悪化すると仕事を休むこともあるのですが、1日・2日休んだからといって

完全復活

というほど元気にはなりません。

(とてもこんな元気はない・・)

むしろ休んでいても悪化することすらありました。

しかし、働かなければ生活していくことも出来ませんし、休んでばかりいると職場で悪く言われるので無理して出勤するしかないんです。

仕事したくて堪らないというわけではありませんでしたが、仕事したくても体調が悪過ぎて

仕事辞めたい

ということばかり思っていました。

病院に行っても治らない病気持ちながら働くというのは精神的にも肉体的にもかなりハードなものがあるんです。

潰瘍性大腸炎で仕事を繰り返し辞める日々

22歳の時にクローン病と診断されて入院したのですが、入社して早々に入院をしてしまったためクビになりました。

ただ、経済的に誰かに頼れる状況になかったため、退院後からすぐに働くしかなかったんですね。

(マイナスの世界から抜け出せない)

体調が回復しきっていない状態で働くわけですから、当然すぐにまた体調が悪化して働けなくなり

就職→悪化→退職

といったことを繰り返したため20代は履歴書の職歴がかなり激しいです。

潰瘍性大腸炎で入院後に仕事復帰出来るのか?

私の場合はトイレに行くことが出来ない仕事に就いてしまっていたため、潰瘍性大腸炎が再発した際は仕事を退職せざるを得ませんでした。

その半年以内に

再就職→病状悪化→入院してクローン病と診断される→クビ

という流れであったため、仕事に復帰ということは出来ませんでしたが、理解のある会社であれば復帰することは可能でしょう。

ただ、私自身のように退職してしまってから再就職というのはかなり大変な道のりをたどる可能性もあります。

トイレに駆け込む必要性があり病気を隠して働ける気がしなかったので、素直に履歴書にクローン病(時期によって潰瘍性大腸炎)と記入して就職活動をしました。

すると、

  • 書類選考・・全滅
  • 面接・・病気だと分かった瞬間に態度が激変して落ちまくる

といった感じで、合格する流れであったアルバイトですら病気を理由に落とされたことも何度もあります。

(働く意志があっても働かせてもらえない)

なので、

クローン病(潰瘍性大腸炎)によって社会から追い出された

という絶望感でいっぱいになっていた時期もあります。

潰瘍性大腸炎の人が選ぶべき仕事は在宅ワークがオススメ

私たち潰瘍性大腸炎患者はトイレの心配がつきものなので健常者のペースに合わせることが難しいです。

(1日何回もトイレに駆け込んでいるので外出するのが恐怖なレベル)

なので、無理せず収入を得る為にも、在宅ワークも視野に入れて欲しいと思います。

在宅で仕事をする事ができるようになれば

  • 病気を理由にイヤミを言われる事がなくなる
  • 体調に合わせて仕事が進められる
  • 無理して出勤をする必要がなくなる

といったメリットがあります。

仮に入院してしまったとしても、現代ではパソコンとネット環境さあれば仕事をする事が可能になるので、病状が悪化しても

「生活費が・・」

とお金の心配をする必要もなくなります。

(私は自宅でこんな感じで仕事をしていました)

実践するものによって収入は様々ですが、特になんのスキルも才能もなかった私でも在宅ワーク1本で妻と子どもを養いつつ貯金もできているので、無理して会社に勤めるといった選択肢だけでなく、在宅ワークも視野にいれてもらえればと思います。

潰瘍性大腸炎患者にオススメな在宅ワークは?

外出が困難な状態にあった私は、普通に就職することを諦めかけていたため、毎日必死で在宅で出来る仕事を探し続けていました。

私がまず取り組んだのが、『せどり』『転売』です。

せどりが分からない方のために簡単に解説すると、

転売目的の業者が古本屋で本の背表紙のタイトルを見て買う本を選んだことから「せどり」という言葉が誕生したと言われています。

転売と同じで

安く仕入れて高く売る

といったものです。

BOOK・OFFで中古本を仕入れ、アマゾンで販売するといった人が続出しせどりの認知度が上がりました。

私の妻も過去にBOOK・OFFでバイトをしていた事があるので、せどりをする人が沢山訪れていたそうですが、ある事がキッカケでせどりで利益を得る事が難しくなったそうです。

元々は店員が本の状態や在庫数を確認した上で買取金額を決めていたそうなのですが、途中からバーコードで査定をするように変わったため、ネット上の相場とあまり変わらない金額が表示されるようになり

BOOKOFFで格安で仕入れてネットで安く売る

といった事が難しくなったそうです。

ただ、難しくなったとはいえ、少年時代にBOOKOFFで漫画を売ってお小遣いを稼いだ経験があった私は、

「とりあえずやってみるか」

とチャレンジをしてみたんです。

しかし、利益を出せるレベルの本は、昔からせどりをしている人が既に購入してしまっていて3件BOOK・OFFを回って断念しました。

時間とガソリン代を無駄にしただけですね。

(現在では家電商品・CD・おもちゃなどもせどりの対象になっています。)

潰瘍性大腸炎の在宅ワークには転売は不向き

続いて転売ですが、転売は自分で行っていたというよりは、妻がメルカリでお小遣いを稼いでいたのでそれを少し手伝った感じになります。

妻が興味のあるジャンルのものを、安く仕入れてAmazonなどの相場くらいの金額で販売していました。

妻がそのジャンルに詳しかったという事もあり、売れ残る事はあまりなかったのですが、売れる度に

  • 購入者との連絡
  • 商品の梱包
  • 商品の発送

といったものが連発し、自分と妻の体調や、家事、育児といった事を考えると時間が足らずに辞めてしまいました。

基本的に転売は、商品を仕入れるための資金も必要ですし、売れなければ仕入れ資金がマイナスになるだけでなく在庫も抱える事になってしまいます。

また、作業の流れも

  • 売れる商品のリサーチ
  • 商品の仕入れ
  • 商品の梱包
  • 商品の出品作業
  • 商品の発送作業

といった事が必要で、1つの商品を売るだけでもかなりの時間と労力を費やしてしまいます。

なので、まとまった収入を得るくらい売るとなると、寝る時間を惜しんで作業をする必要があるんです。(ガッツリ稼いでいる人はお金を払って業者に作業をしてもらっています。)

実際に私の知人でも、副業として転売を行い、年間で100万円以上稼いでいた人がいますが、とても1人で作業をしていくのは無理だったようで辞めてしまいました。(手伝ってもらっていた彼女と別れてすぐに断念したそうです。)

(連日深夜3時まで作業をしていてかなり眠そうでした)

また、せどりや転売は商品の発送という作業があるので全てを在宅で完結するのは難しいです。

そのため、家でできる仕事だけど外に出る必要はあるといった感じですね。

潰瘍性大腸炎でも在宅ワークとしてクラウドソーシングはできる?

そして、次にチャレンジしようとしたのが、クラウドソーシングです。

クラウドソーシングとはネットで仕事を受注することができるサービスになります。

代表的なものとしてよく挙げられるのは

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

といったものです。

クラウドソーシングで受注できる仕事の内容としては

  • データ入力
  • シール貼り
  • 梱包作業
  • 商品アンケート

・・などの簡単なものから

  • 記事作成
  • ロゴ作成
  • プログラミング

・・などの専門的なスキルが必要なものまでかなりの仕事があります。

ただ、私も実際に登録して仕事を探してみたのですが

  • 簡単な仕事は競争率が高すぎて中々仕事を受注できない
  • ある程度まとまった金額を稼ごうとすると家事と育児の合間では厳しい
  • 妻や子どもが体調を崩すと仕事の納期を守れない可能性がある

・・などといった壁にぶつかり断念しました。

安定して収入を得ていくにはある程度のスキルが必要になってくるのと、納期があるため時間に追われてしまうという事もあるので気軽にはオススメできません。

潰瘍性大腸炎でもスキルも不要で始められる在宅ワークは?

なので、安定して長期的に稼いでいくのであればネット上に資産を残していくのがオススメです。

(ブログはとてつもない資産)

つまり、ネット上に作成した資産となるサイトから不労所得を得るという事ですね。

「難しそう…」

という声が聞こえてきそうですが、ブログやサイトであっても立派なビジネスであり、主婦やサラリーマン、高齢者であっても資産となるサイトを持っている人もかなりいます。

まだ何もやったことがない状態で

  • パソコンが苦手だからできない
  • 頭が悪いからできない
  • スキルがないからできない

・・などといった感じで、「ない」を理由にしてしまうのはかなり人生損をしています

松下電器(現パナソニック)の創業者である松下幸之助さんも、かなり「ない」のオンパレードから成功をされており、自身が成功した理由として

  • お金がなかったから
  • 体が弱かったから
  • 頭が悪かったから

といった事を述べています。

お金がなかったからお金を稼ごうと思い、体が悪かったから自分が働くのではなく誰かに働いてもらう事を考え、頭が悪かったから自分よりも頭がいい人に作業をしてもらったという事ですね。

つまり、今できない事が問題ではなくて、

『できない人でもできる方法を学ぶ』

といった事が重要になるという事ですね。

(できないからできるへシフトする)

実際に私の知っている人でも、難病で働けなくなって収入が0になったのをキッカケにビジネスを行って現在はかなりの大金を稼いでいる人がいます。

あなたがネットで検索した時に出てくるサイトはほとんど一般の人が作成したサイトであり、そのサイト1つから得られる収入は、多い人なら月収1000万円を超えてしまいます。

めんどくさがってやらない人が多いので、ハッキリ言って、『やったモン勝ち』の世界です。

もちろん、いきなり月収1000万円といった金額は現実的ではありませんが、月収5万円くらいのサイトであれば誰でも簡単に作成できるレベルです。

今の収入に月5万円が増えれば、単純に5万円家賃が高い場所に住む事もできますし、国内であれば毎月旅行にいく事もできるでしょう。

他にも月5万円の不労所得があれば

  • 週一で焼肉を食べに行く
  • 月1日でディズニーランドに行く
  • 月5万円以内の支払いで300万円くらいの車をローンで購入する(貯金してから買ったほうが良いと思いますが)

といった事も実現できるはずです。

また、月5万円のサイトも複数作ればそれなりの金額になります。

  • 5万円×2サイト=月収10万円
  • 5万円×3サイト=月収15万円

といった感じで、確実に収入を増やしていく事はできるんです。

しかも、インターネットの性質上、1度作成したサイトは勝手に収入が発生するので、基本的に放置でOKであり不労所得が得られるんです。

なので、あなたが満足いく収入を実現できる数のサイトを作成すれば、あとは旅行にいくなり趣味に没頭するなり何でもしていてOKです。

3ヶ月~半年もあれば月収5万円くらいのサイトを作成するのは難しい事ではないので、コツコツと作業をして自分の将来を明るくしましょう。

実際に私も、

  • アンドロイドからiPhoneに変えた瞬間に使い方が分からず3週間ほどスマホを放置ぎみに
  • コンビニで両面コピーができず必ず店員さんを呼ぶ
  • 親が買ってきたノートパソコンを3回壊してパソコン使用禁止になる

といった感じで、重度の機械音痴でした。

頭も悪い上にやる事もとろかったので、自分でお金を稼げるような人間ではなかったです。

(ガソリンスタンド、服屋、カーテン屋などのアルバイトも初日で辞めた事があるくらいダメ人間です。)

しかし、そんな私でも資産となるサイトを作成し見事に貧乏を脱出する事ができました。

こんな私にできたのですから、きっとあなたにもできるはずです。

実際に私が資産ブログを作った方法に関して、以下のメール講座で詳しく解説しているので是非読んでみてください。

→メール講座の内容を確認する

URLをクリックした瞬間に登録されるといった事は一切ありませんので、内容だけでも確認してみて欲しいです。

無料で読めますし、解除したければいつでも即解除可能なので、とことんイイトコ取りをしまくって、あなたの生活を少しずつ変える為の第1歩にして下さい。

しかし、参加人数が増えすぎると突然予告なしに募集を停止する可能性も否定できません。

既に登録ができなければ申し訳ございません…。

潰瘍性大腸炎でも自由な人生を実現する

今回

  • 私と同じように難病で仕事をについて悩んでいる人
  • 難病で人生が狂ってしまった人

に対して、

  • 希望となる情報を提供する
  • この記事をキッカケに自由を手に入れて欲しい

という思いから、潰瘍性大腸炎(クローン病)で転落した私の人生を救ってくれたネット在宅ワークの魅力について解説してきました。

  • クローン病や潰瘍性大腸炎の患者会
  • ハローワーク
  • 難病支援センター

どこにいっても問題を解決できる情報を得ることは出来ませんでしたし、身の回りで教えてくれる人もなかったんですね。

なので、同じ病気で苦しんでいる人の助けになれたら良いなと思い今回は記事を書かせていただきました。

実際に私も在宅で生計を立てられるようになったお陰で、

  • 自宅で仕事ができる
  • 自分の体調に合わせて作業ができる

といった環境でストレスなく生活していたらどんどん病状も良くなりました。

むしろ健常者の妻より元気です。(私が妻の看病をすることはあってもその逆はないくらい元気になりました)

そして、一応病院には通っていますが主治医の先生もから

「薬をかなり減らしてもここまで元気だからほとんど飲まなくても大丈夫なのかもね」

と、外出すら困難であった私がここまで言ってもらえるところまで回復したんですよ。

なので、

自分は難病患者だから

と言いながら買いたいものを諦めたり、自分を低く見る必要はありません。

完全在宅で稼いでいくための方法に関しては、以下の無料メール講座にて解説しているので是非読んでみてください。

→無料メール講座の内容を確認してみる

無料メール講座の中では、私たち難病患者が仕事も選べない状態から、自宅でゼロから稼ぐ為に必要なアイテムとその活用法について具体的に解説しています。(※無料プレゼント実施中)

文字通り“タダ”で読めますし、解除したければ即解除可能なので、とことんイイトコ取りをしまくって、あなたの生活を少しずつ変える為の第1歩にして下さい。

しかし、参加人数が増えすぎると突然予告なしに募集を停止する可能性も否定できません。

既に登録ができなければ申し訳ございません…。

本日は最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

質問や感想などありましたら以下からお問い合わせください。

→ソラに問い合わせる

本気のメッセージには私も全力でお返事させていただきますので、

こんなこと聞いても大丈夫かな

といった心配はせずに気軽にメッセージを送っていただけたらと思います。

ネットビジネス初心者の方だけに限らず、同じ難病で悩む人の役に立てるように情報を発信していきたいと思いますので是非またお越しください。

あなたがこの記事を読んだことで

難病だから人生終わった

といった状態から

難病がきっかけで普通に生きていたら知ることができない世界を知ることができた

といったことを思っていただける記事になったらと思います。

私と一緒に人生をより良いものに変えていきましょう。

ソラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソラの無料メール講座

 

 

SNSでもご購読できます。