在宅可!潰瘍性大腸炎患者が安定した人生を送るために選ぶべき仕事とは・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

潰瘍性大腸炎でも仕事復帰出来るのか?

ソラです。

この記事では、潰瘍性大腸炎患者でも実践可能な在宅ワークで安定して収入を得ていく方法について解説していきます。

私の病歴は

  • 18歳••潰瘍性大腸炎と診断される
  • 22歳••総合病院に入院しクローン病と診断され直す
  • 24歳••何件も病院も回るもクローン病ではなく潰瘍性大腸炎と診断される
  • 25歳••過敏性腸症候群を発症
  • 28歳••総合病院でクローン病であると診断される
  • 29歳••1年ごとに行っている大腸カメラで潰瘍性大腸炎と診断され直す

といった感じになります。

安倍さんが総理大臣になった時は

「これでクローン病や潰瘍性大腸炎の患者たちにとって生きやすい世の中になるかも」

と期待したものですが、現状は

「このまま行くと難病から除外されるんじゃないか」

と思ってしまうほどです。

クローン病にとっても潰瘍性大腸炎にとっても、とても生きやすいと言える世の中ではなく、病気に対する理解もされないため困難な状況にいる方も多いかと思いますが、同じように苦しんだ私が

どのようにしてどん底から這い上がったか

といったことを簡単に紹介しつつ、この記事を読んでいるあなたにも希望を持っていただけたらと思います。

仕事のストレスが積み重なり潰瘍性大腸炎が悪化

まず、私が18歳の時に潰瘍性大腸炎になるキッカケとなった出来事を簡単に紹介します。

高校の部活を引退後、打ち込むものがなくなって「ドラゴン桜」という漫画を読んだのをキッカケに

「有名大学を目指そう」

といった単純な動機で、平日5時間・休日13時間勉強する日々がスタートしました。

しかし、夏休みのある日、家庭の金銭事情について両親がもめているのを隣の部屋で1時間も聞いてしまい

  • 志望校は私立で自宅からは通えないためお金がかかる
  • 家の金銭事情では大学進学が厳しい(なぜか奨学金は借りさせてもらえませんでした)

という壁にぶつかり

今まで勉強してきた時間は一体・・どうせ努力しても無駄に終わるならもういいや

といった感じで、極度のストレスが原因で次の日から下血し始め潰瘍性大腸炎になりました。

社会に出てからも仕事での強いストレスを受けると病状が悪化することがあったので、ストレスが病気に与える影響は身を持って実感しています。

潰瘍性大腸炎に耐え切れず仕事を辞めたいと思うようになる

潰瘍性大腸炎の症状が悪化すると仕事を休むこともあるのですが、1日・2日休んだからといって

完全復活

というほど元気にはなりません。

(とてもこんな元気はない・・)

むしろ休んでいても悪化することすらありました。

しかし、働かなければ生活していくことも出来ませんし、休んでばかりいると職場で悪く言われるので無理して出勤するしかないんです。

仕事したくて堪らないというわけではありませんでしたが、仕事したくても体調が悪過ぎて

仕事辞めたい

ということばかり思っていました。

病院に行っても治らない病気持ちながら働くというのは精神的にも肉体的にもかなりハードなものがあるんです。

潰瘍性大腸炎で転職地獄で仕事を辞める日々

22歳の時にクローン病と診断されて入院したのですが、入社して早々に入院をしてしまったためクビになりました。

ただ、経済的に誰かに頼れる状況になかったため、退院後からすぐに働くしかなかったんですね。

(マイナスの世界から抜け出せない)

体調が回復しきっていない状態で働くわけですから、当然すぐにまた体調が悪化して働けなくなり

就職→悪化→退職

といったことを繰り返したため20代は履歴書の職歴がかなり激しいです。

潰瘍性大腸炎で入院後に仕事復帰出来るのか?

私の場合はトイレに行くことが出来ない仕事に就いてしまっていたため、潰瘍性大腸炎が再発した際は仕事を退職せざるを得ませんでした。

その半年以内に

再就職→病状悪化→入院してクローン病と診断される→クビ

という流れであったため、仕事に復帰ということは出来ませんでしたが、理解のある会社であれば復帰することは可能でしょう。

ただ、私自身のように退職してしまってから再就職というのはかなり大変な道のりをたどる可能性もあります。

トイレに駆け込む必要性があり病気を隠して働ける気がしなかったので、素直に履歴書にクローン病(時期によって潰瘍性大腸炎)と記入して就職活動をしました。

すると、

  • 書類選考・・全滅
  • 面接・・病気だと分かった瞬間に態度が激変して落ちまくる

といった感じで、合格する流れであったアルバイトですら病気を理由に落とされたことも何度もあります。

(働く意志があっても働かせてもらえない)

なので、

クローン病(潰瘍性大腸炎)によって社会から追い出された

という絶望感でいっぱいになっていた時期もあります。

潰瘍性大腸炎でも転職・休職不要の在宅ワークがオススメ

私たち潰瘍性大腸炎患者はトイレの心配がつきものなので健常者のペースに合わせることが難しいです。

(1日何回もトイレに駆け込んでいるので外出するのが恐怖なレベル)

なので、無理せず収入を得る為にも、在宅ワークも視野に入れて欲しいと思います。

在宅で仕事をする事ができるようになれば

  • 病気を理由にイヤミを言われる事がなくなる
  • 体調に合わせて仕事が進められる
  • 無理して出勤をする必要がなくなる

といったメリットがあります。

仮に入院してしまったとしても、現代ではパソコンとネット環境さあれば仕事をする事が可能になるので、病状が悪化しても

「生活費が・・」

とお金の心配をする必要もなくなります。

実践するものによって収入は様々ですが、特になんのスキルも才能もなかった私でも在宅ワーク1本で妻と子どもを養いつつ貯金もできているので、無理して会社に勤めるといった選択肢だけでなく、在宅ワークも視野にいれてもらえればと思います。

潰瘍性大腸炎でもできる仕事は

難病、健常者、学歴、スキル、年齢、性別など、それらが全く関係なく、みんなが同じスタートラインで始められる仕事として1番オススメしたいのが

アフィリエイト

になります。

アフィリエイトというものは、学校で習うこともないですし、一般社会や会社で教わるものではないので、みんな0からスタートし、完全在宅でネットを使ってできる仕事であるので、是非とも仕事として実践して欲しいです。

とはいえ、アフィリエイトについて知らない方もいると思うので、まずはアフィリエイトの仕組みから説明しますね。

(世界一自由な職業)

アフィリエイト(Affiliate)には“提携”という意味があり、企業などが開発した商品を自分のサイトやブログなどで紹介して広告収入を得る仕事になります。

(アフィリエイトをする人をアフィリエイターと呼びます。)

一言でいうと、

サイトに広告を貼って商品を紹介すれば紹介報酬として広告収入がもらえる

ということです。

サイトの運営も、最近ではかなりハードルが下がっていて、スマホでアプリを入れられる人であれば、このブログレベルのサイトはかなり簡単に作成できてしまいます。

(必要事項を入力すれば勝手にサイトが作成されるので、Facebookやアメブロなどで日記を書くのと対して変わらないです。)

(ネットの発達で日に日に簡単になってきた)

もちろん、勝手に商品を紹介しても報酬を受け取ることは出来ないので、アフィリエイトを始めるにはASPというところに登録する必要があります。

ASPとは「アフィリエイト・サービス・プロバイダー」の略で、商品を売りたい“販売者”とアフィリエイトする商品を探している“アフィリエイター”を結びつける“仲介業者”です。

(ASPは必要事項を入力すれば無料で登録できます。)

報酬を受け取る流れとしては

ASPに登録

売りたい商品を探して自分のブログやサイトで紹介

商品が売れるとASPを通じて報酬が支払われる

といった感じになります。

流れを図で解説すると以下の様な感じです。

(アフィリエイトの流れ)

この仕組みを利用することで、企業と直接取引する必要もなく在庫を抱える事もなく、ノーリスクで商品を代理販売することが出来るというわけです。

仕事をするために出勤する必要もないので完全在宅で完結してしまうんですね。

基本的に、やり方さえ間違えなければほとんどの人が稼げるようになるので

  • 家事と育児の合間に実践している主婦
  • 寝る前に毎日1時間副業として実践しているサラリーマン
  • 事故で車椅子生活になってしまった
  • 難病で通勤が困難になった

といった人でも、コツコツ取り組むことで月に数十万円以上稼いでいる人も多いです。

また、近年ではアフィリエイトで収入を得る人がかなり増えてきているので、確定申告の書類にも

『アフィリエイト収入の有無』

をチェックする欄もあるくらいです。

実際に私も、いろいろチャレンジしてきましたが、実際に稼げるようになったのはアフィリエイトだけでした。

「才能があったんじゃないの?」

と思うかも知れませんが

  • 自分のパソコンすら持っていない(妻にパソコンを借りて始めました)
  • 実家で母親にパソコンに触るのを禁止されていた(壊す危険性があるため)
  • コンビニのコピー機でコピーをすることも困難なほどの機械音痴

・・など、こんな自分でも現在は初心者の方に教える側になってしまったので、

  • パソコンは全然出来ない

といった方でも全く問題ありません。

潰瘍性大腸炎でだるい、つらい人でも休みながら実践できる

潰瘍性大腸炎だとだるさなどもあり、健常者と同じペースで仕事をするのが難しいです。

潰瘍性大腸炎からくるだるさで休憩していても、

「サボってんなよ。もっとテキパキ仕事しろよ」

などと言われてしまう事も十分あるでしょう。

(私はよく言われました。)

アフィリエイトで在宅で収入が得られるようになれば、働く場所もネットさえ繋がっていればどこでもOKで自分の好きな時間だけ作業をすることが出来ます。

その為、だるい時や体調の悪い日ゆっくり休めばOKですし、元気な日はガッツリ1日作業をするといった感じで自分で計画的に作業を進めていくことも出来るんですね。

(私はこんな感じでコツコツ作業していました)

潰瘍性大腸炎で仕事ができないなんて悩む必要はない

今回

  • 私と同じように難病で仕事をについて悩んでいる人
  • 難病で人生が狂ってしまった人

に対して、

  • 希望となる情報を提供する
  • この記事をキッカケに自由を手に入れて欲しい

という思いから、ネットを使って在宅で収入を得て生活していく道もあるという事をお伝えさせて頂きました。

私自身

  • クローン病や潰瘍性大腸炎の患者会
  • ハローワーク
  • 難病支援センター

どこにいっても問題を解決できる情報を得ることは出来ませんでしたし、身の回りで教えてくれる人もなかったんですね。

私自身、アフィリエイトに出会わなければ、外出困難で無収入状態が続いて生活保護を受給するしかなくなり、妻と子供にかなり惨めな想いをさせてしまっていたと思います。

(そうなっていたら、妻もまだ20代であったので自分と離婚してもらっていい人を探してもらっていたでしょう。)

しかし、なんとか頑張って自宅にいながらにして、妻と子供を養う事ができるようになりました。

(今では家族3人で幸せに過ごせるようになりました。)

パソコンも持っていなかった私が、妻の実家にあったパソコンを借りて収入を得られるようになったので、今この文章を読んでいるあなたでもアフィリエイトで稼げるようになる事は十分可能です。

ネット環境とパソコンさえあればアフィリエイトを開始する事が可能なので、講座に参加して在宅にいながらにしてアフィリエイトで収入を得る生活を実現していきましょう。

初心者向けの簡単なアフィリエイトは以下を読んでみてください。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

質問などありましたら、気軽に以下からお問い合わせください。

→お問い合わせはコチラ

ソラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅可!潰瘍性大腸炎患者が安定した人生を送るために選ぶべき仕事とは・・

潰瘍性大腸炎でも仕事復帰出来るのか?

ソラです。

この記事では、潰瘍性大腸炎患者でも実践可能な在宅ワークで安定して収入を得ていく方法について解説していきます。

私の病歴は

  • 18歳••潰瘍性大腸炎と診断される
  • 22歳••総合病院に入院しクローン病と診断され直す
  • 24歳••何件も病院も回るもクローン病ではなく潰瘍性大腸炎と診断される
  • 25歳••過敏性腸症候群を発症
  • 28歳••総合病院でクローン病であると診断される
  • 29歳••1年ごとに行っている大腸カメラで潰瘍性大腸炎と診断され直す

といった感じになります。

安倍さんが総理大臣になった時は

「これでクローン病や潰瘍性大腸炎の患者たちにとって生きやすい世の中になるかも」

と期待したものですが、現状は

「このまま行くと難病から除外されるんじゃないか」

と思ってしまうほどです。

クローン病にとっても潰瘍性大腸炎にとっても、とても生きやすいと言える世の中ではなく、病気に対する理解もされないため困難な状況にいる方も多いかと思いますが、同じように苦しんだ私が

どのようにしてどん底から這い上がったか

といったことを簡単に紹介しつつ、この記事を読んでいるあなたにも希望を持っていただけたらと思います。

仕事のストレスが積み重なり潰瘍性大腸炎が悪化

まず、私が18歳の時に潰瘍性大腸炎になるキッカケとなった出来事を簡単に紹介します。

高校の部活を引退後、打ち込むものがなくなって「ドラゴン桜」という漫画を読んだのをキッカケに

「有名大学を目指そう」

といった単純な動機で、平日5時間・休日13時間勉強する日々がスタートしました。

しかし、夏休みのある日、家庭の金銭事情について両親がもめているのを隣の部屋で1時間も聞いてしまい

  • 志望校は私立で自宅からは通えないためお金がかかる
  • 家の金銭事情では大学進学が厳しい(なぜか奨学金は借りさせてもらえませんでした)

という壁にぶつかり

今まで勉強してきた時間は一体・・どうせ努力しても無駄に終わるならもういいや

といった感じで、極度のストレスが原因で次の日から下血し始め潰瘍性大腸炎になりました。

社会に出てからも仕事での強いストレスを受けると病状が悪化することがあったので、ストレスが病気に与える影響は身を持って実感しています。

潰瘍性大腸炎に耐え切れず仕事を辞めたいと思うようになる

潰瘍性大腸炎の症状が悪化すると仕事を休むこともあるのですが、1日・2日休んだからといって

完全復活

というほど元気にはなりません。

(とてもこんな元気はない・・)

むしろ休んでいても悪化することすらありました。

しかし、働かなければ生活していくことも出来ませんし、休んでばかりいると職場で悪く言われるので無理して出勤するしかないんです。

仕事したくて堪らないというわけではありませんでしたが、仕事したくても体調が悪過ぎて

仕事辞めたい

ということばかり思っていました。

病院に行っても治らない病気持ちながら働くというのは精神的にも肉体的にもかなりハードなものがあるんです。

潰瘍性大腸炎で転職地獄で仕事を辞める日々

22歳の時にクローン病と診断されて入院したのですが、入社して早々に入院をしてしまったためクビになりました。

ただ、経済的に誰かに頼れる状況になかったため、退院後からすぐに働くしかなかったんですね。

(マイナスの世界から抜け出せない)

体調が回復しきっていない状態で働くわけですから、当然すぐにまた体調が悪化して働けなくなり

就職→悪化→退職

といったことを繰り返したため20代は履歴書の職歴がかなり激しいです。

潰瘍性大腸炎で入院後に仕事復帰出来るのか?

私の場合はトイレに行くことが出来ない仕事に就いてしまっていたため、潰瘍性大腸炎が再発した際は仕事を退職せざるを得ませんでした。

その半年以内に

再就職→病状悪化→入院してクローン病と診断される→クビ

という流れであったため、仕事に復帰ということは出来ませんでしたが、理解のある会社であれば復帰することは可能でしょう。

ただ、私自身のように退職してしまってから再就職というのはかなり大変な道のりをたどる可能性もあります。

トイレに駆け込む必要性があり病気を隠して働ける気がしなかったので、素直に履歴書にクローン病(時期によって潰瘍性大腸炎)と記入して就職活動をしました。

すると、

  • 書類選考・・全滅
  • 面接・・病気だと分かった瞬間に態度が激変して落ちまくる

といった感じで、合格する流れであったアルバイトですら病気を理由に落とされたことも何度もあります。

(働く意志があっても働かせてもらえない)

なので、

クローン病(潰瘍性大腸炎)によって社会から追い出された

という絶望感でいっぱいになっていた時期もあります。

潰瘍性大腸炎でも転職・休職不要の在宅ワークがオススメ

私たち潰瘍性大腸炎患者はトイレの心配がつきものなので健常者のペースに合わせることが難しいです。

(1日何回もトイレに駆け込んでいるので外出するのが恐怖なレベル)

なので、無理せず収入を得る為にも、在宅ワークも視野に入れて欲しいと思います。

在宅で仕事をする事ができるようになれば

  • 病気を理由にイヤミを言われる事がなくなる
  • 体調に合わせて仕事が進められる
  • 無理して出勤をする必要がなくなる

といったメリットがあります。

仮に入院してしまったとしても、現代ではパソコンとネット環境さあれば仕事をする事が可能になるので、病状が悪化しても

「生活費が・・」

とお金の心配をする必要もなくなります。

実践するものによって収入は様々ですが、特になんのスキルも才能もなかった私でも在宅ワーク1本で妻と子どもを養いつつ貯金もできているので、無理して会社に勤めるといった選択肢だけでなく、在宅ワークも視野にいれてもらえればと思います。

潰瘍性大腸炎でもできる仕事は

難病、健常者、学歴、スキル、年齢、性別など、それらが全く関係なく、みんなが同じスタートラインで始められる仕事として1番オススメしたいのが

アフィリエイト

になります。

アフィリエイトというものは、学校で習うこともないですし、一般社会や会社で教わるものではないので、みんな0からスタートし、完全在宅でネットを使ってできる仕事であるので、是非とも仕事として実践して欲しいです。

とはいえ、アフィリエイトについて知らない方もいると思うので、まずはアフィリエイトの仕組みから説明しますね。

(世界一自由な職業)

アフィリエイト(Affiliate)には“提携”という意味があり、企業などが開発した商品を自分のサイトやブログなどで紹介して広告収入を得る仕事になります。

(アフィリエイトをする人をアフィリエイターと呼びます。)

一言でいうと、

サイトに広告を貼って商品を紹介すれば紹介報酬として広告収入がもらえる

ということです。

サイトの運営も、最近ではかなりハードルが下がっていて、スマホでアプリを入れられる人であれば、このブログレベルのサイトはかなり簡単に作成できてしまいます。

(必要事項を入力すれば勝手にサイトが作成されるので、Facebookやアメブロなどで日記を書くのと対して変わらないです。)

(ネットの発達で日に日に簡単になってきた)

もちろん、勝手に商品を紹介しても報酬を受け取ることは出来ないので、アフィリエイトを始めるにはASPというところに登録する必要があります。

ASPとは「アフィリエイト・サービス・プロバイダー」の略で、商品を売りたい“販売者”とアフィリエイトする商品を探している“アフィリエイター”を結びつける“仲介業者”です。

(ASPは必要事項を入力すれば無料で登録できます。)

報酬を受け取る流れとしては

ASPに登録

売りたい商品を探して自分のブログやサイトで紹介

商品が売れるとASPを通じて報酬が支払われる

といった感じになります。

流れを図で解説すると以下の様な感じです。

(アフィリエイトの流れ)

この仕組みを利用することで、企業と直接取引する必要もなく在庫を抱える事もなく、ノーリスクで商品を代理販売することが出来るというわけです。

仕事をするために出勤する必要もないので完全在宅で完結してしまうんですね。

基本的に、やり方さえ間違えなければほとんどの人が稼げるようになるので

  • 家事と育児の合間に実践している主婦
  • 寝る前に毎日1時間副業として実践しているサラリーマン
  • 事故で車椅子生活になってしまった
  • 難病で通勤が困難になった

といった人でも、コツコツ取り組むことで月に数十万円以上稼いでいる人も多いです。

また、近年ではアフィリエイトで収入を得る人がかなり増えてきているので、確定申告の書類にも

『アフィリエイト収入の有無』

をチェックする欄もあるくらいです。

実際に私も、いろいろチャレンジしてきましたが、実際に稼げるようになったのはアフィリエイトだけでした。

「才能があったんじゃないの?」

と思うかも知れませんが

  • 自分のパソコンすら持っていない(妻にパソコンを借りて始めました)
  • 実家で母親にパソコンに触るのを禁止されていた(壊す危険性があるため)
  • コンビニのコピー機でコピーをすることも困難なほどの機械音痴

・・など、こんな自分でも現在は初心者の方に教える側になってしまったので、

  • パソコンは全然出来ない

といった方でも全く問題ありません。

潰瘍性大腸炎でだるい、つらい人でも休みながら実践できる

潰瘍性大腸炎だとだるさなどもあり、健常者と同じペースで仕事をするのが難しいです。

潰瘍性大腸炎からくるだるさで休憩していても、

「サボってんなよ。もっとテキパキ仕事しろよ」

などと言われてしまう事も十分あるでしょう。

(私はよく言われました。)

アフィリエイトで在宅で収入が得られるようになれば、働く場所もネットさえ繋がっていればどこでもOKで自分の好きな時間だけ作業をすることが出来ます。

その為、だるい時や体調の悪い日ゆっくり休めばOKですし、元気な日はガッツリ1日作業をするといった感じで自分で計画的に作業を進めていくことも出来るんですね。

(私はこんな感じでコツコツ作業していました)

潰瘍性大腸炎で仕事ができないなんて悩む必要はない

今回

  • 私と同じように難病で仕事をについて悩んでいる人
  • 難病で人生が狂ってしまった人

に対して、

  • 希望となる情報を提供する
  • この記事をキッカケに自由を手に入れて欲しい

という思いから、ネットを使って在宅で収入を得て生活していく道もあるという事をお伝えさせて頂きました。

私自身

  • クローン病や潰瘍性大腸炎の患者会
  • ハローワーク
  • 難病支援センター

どこにいっても問題を解決できる情報を得ることは出来ませんでしたし、身の回りで教えてくれる人もなかったんですね。

私自身、アフィリエイトに出会わなければ、外出困難で無収入状態が続いて生活保護を受給するしかなくなり、妻と子供にかなり惨めな想いをさせてしまっていたと思います。

(そうなっていたら、妻もまだ20代であったので自分と離婚してもらっていい人を探してもらっていたでしょう。)

しかし、なんとか頑張って自宅にいながらにして、妻と子供を養う事ができるようになりました。

(今では家族3人で幸せに過ごせるようになりました。)

パソコンも持っていなかった私が、妻の実家にあったパソコンを借りて収入を得られるようになったので、今この文章を読んでいるあなたでもアフィリエイトで稼げるようになる事は十分可能です。

ネット環境とパソコンさえあればアフィリエイトを開始する事が可能なので、講座に参加して在宅にいながらにしてアフィリエイトで収入を得る生活を実現していきましょう。

初心者向けの簡単なアフィリエイトは以下を読んでみてください。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

質問などありましたら、気軽に以下からお問い合わせください。

→お問い合わせはコチラ

ソラ

SNSでもご購読できます。