ブログやサイトで質の高いコンテンツを作成する際のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログやサイトで質の高いコンテンツを作成する上で気を付けたいこと

ソラです。

以前、妻が子どもに向かって

「パパのブログを音読してあげよう」

と言って、このRevenge projectの自己紹介を子どもに向かって全文読んだことがあるんですね。

(なぜかいきなり音読し始める妻・・)

当然私としては

聞いていて恥ずかしいから辞めて欲しい

といった気持ちがあったのですが、妻が読み始めてすぐにあることに気づきました。

それは

私が思っている文章と全く違う文章に聞こえた

ということです。

理由としては

  • 女性の声
  • 言葉のイントネーション
  • 文章を区切るタイミング

・・などが違うからなのですが、私にとってはかなりの衝撃だったんですね。

親しい人物であれば自分の伝えたいことがダイレクトに伝わる確率が高いですが、それでも100%伝わるなんてことはまずありません。

そして、私たちネットビジネス実践者は、全く知らない人に自分の作成したコンテンツを通して情報を発信しているわけですから、さらに伝えることの難易度が上がります。

自分では伝わっているつもりであっても、自分のサイトに訪れるユーザーに全く自分の発信している情報の意図が伝わっていなければ、ビジネスとして結果を出すのは難しくなってしまうでしょう。

なので、今回は“より正確に自分の意図を伝える”といったことをテーマに解説をしていきたいと思います。

ブログやサイトで質の高いコンテンツを作成する邪魔をする勘違い

心理学で認知バイアスといった言葉が存在するのですが、この認知バイアスとは、

認知心理学や社会心理学で用いられる理論であり、ある情報を判断する時に、自分の利害や希望に影響されて考えが歪んでしまったりその情報の一部分の特徴に引きずられて、他のの情報についての判断が歪められる現象を言います。

簡単に言ってしまうと

人によって都合の良いように解釈されたり、先入観で違った判断をされたりするから本来の情報とは違った受け取られ方をしちゃうよ

ということです。

この勘違いに関しては、私が教育関係の仕事に就いていた当時、数人~数十人相手に講義をしていた中で行っていたある実験について紹介したいと思います。

今から紹介する実験を行っていた目的としては

人間は勘違いをする生き物だからしっかりと相手に自分の意思を伝えられるようにしましょう

というところに話を持っていくために行っていたのですが、数百人以上に検証しても1人も正解した人物がいなかったのでこの記事でもやってみます。

例えば、私とあなたが今後の社会に関しての議論をしていたとしましょう。

そこで、議論の最後の締めとして私が

「あなたと私で、もっと良い世の中にするために“キョウソウ”していきましょう。」

と言ったとします。

さて、あなたはこの

“キョウソウ”

という言葉に関してどんな漢字を想像しましたか?

私が頭の中で考えていた“キョウソウ”に関しては間を開けて発表するので、少し考えてから続きを読んでみてください。

・・・

 

・・・

 

・・・

(答えは以下から)

それでは答え合わせをしていきますね。

私の頭の中の“キョウソウ”は

  • 共想
  • 共創
  • 共奏

の3つになります。

良い世の中にしたいと

共に想い

良い世の中を

共に創り

それを共に奏でる(重ねる)ことによって効果を何倍にも高めていく

といった意味を込めて上記の3つの“キョウソウ”を考えていました。

過去の私の経験では

競争

という返答をされることが多かったのですが、良い世の中にするのに競い争っていてはいけませんよね。

これは極端な例ではありますが、人によって“たった1つの単語”でも全く別の感情を抱くことがあるので、サイトやコンテンツを作成する際には正確に伝えるための工夫と努力をして行く必要があるのです。

(良い世の中を作るのに1人では意味がない)

余談ですが、お笑いコンビのアンジャッシュさんたちのコントは、“お互いの勘違い”が途切れることなくテンポ良く進んでいくため非常に面白いなと思うのですが、普段の生活やビジネスでは避けたいですね。

ブログやサイトでユーザーに正確に価値を提供するためのポイント

正確に情報を伝えるために重要なのは

ユーザーを置き去りにするようなコンテンツを作成しない

ということです。

ネットビジネスというのは、パソコンに向かって1人で孤独に作業をするため、どうしても独りよがりな自己中心的なコンテンツになってしまいがちです。

自分では理解できる内容であっても、それを目にするユーザーが

「ん?どういう意味だろう」

といったことを思ってしまうと、そのままサイトから離脱されてしまったり

「このサイトはよく分からないな」

と思って二度とサイトに訪れてもらえない可能性だってあるのです。

なので、私もこのような記事を書く際には、必ず下書きをして装飾をする際と投稿する前に文章を読み直すようにしています。

(パソコンからだけでなくスマホからの見やすさなども確認することもある)

そして、ユーザーにとって理解しやすく、あなたの伝えたいことをしっかりと伝えるためにも

  • 言い換えや例を活用する
  • 画像を効果的に活用する

といったことをしていきましょう。

少し難しい表現を使ったり、専門用語を使ったりした際には

  • つまり
  • 要するに
  • 簡単に言うと

・・などといった感じで言い換えつつ

  • ●●といったイメージになります
  • ●●といった感じです

といった終わり方をすると分かりやすいです。

また、言葉だけでは上手く伝えられない部分で画像を使用して具体的にイメージをしてもらったり、文章の雰囲気に合わせて効果的に画像を使用していけると良いですね。

ちなみに、私が画像を使用する際は

  • 文章を読んでいて少しクッションが欲しい時(段落を変えない場合)
  • 少し暗い話が続いたら優しい雰囲気の画像を入れたり少し面白い画像で中和する

・・など、画像でコンテンツのイメージをコントロールするようにしています。

画像が与える心理的な効果に関しては以下の記事で解説しているので参考にしてみてくださいね。

→ベビーフェイス効果から学ぶビジネスを効果的に進めるための画像の使い方とは

ブログやサイトで質の高いコンテンツを作成しても伝わらばければ意味がない

今回は、あなたのサイトを訪れたユーザーに“あなたの伝えたいことをしっかりと伝えるため”に

  • 先入観やその他の情報で正しく情報が伝わりずらい
  • ユーザーにとってより分かりやすくする工夫をする

といった内容のことを解説してきました。

ビジネスは相手があってこそ成り立ちます。

なので、しっかりと相手の立場に立ってコンテンツを作成していくようにしていきましょう。

相手の立場に立つことの重要性に関しては以下の記事で解説しているので合わせて読んでみてください。

→ネットビジネスで成功する人と失敗する人を分ける●●とは・・

本日も最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

質問などありましたら気軽に以下から連絡してくださいね。

→ソラに問い合わせる

あなたが

  • どんなに価値のあるコンテンツを作成しようと
  • どんなに一生懸命にコンテンツを作成しようと

相手に伝わらなければ全く意味がありません

なので、

“自分のコンテンツはユーザーにしっかりと伝わっているのか”

ということを意識しつつ、分かりやすいコンテンツ作成に努めていってもらえたらと思います。

ソラ

SNSでもご購読できます。