難病で特定疾患の人が社会で生きていくために身に付けるべきスキルとは・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特定疾患受給者の仕事探しはどうしたらいいの?

ソラです。

難病になったものの、障害認定はされずに特定疾患として診断を受けている方もかなりいるかと思います。

実際に私自身も、

  • クローン病
  • 潰瘍性大腸炎

の2つの病気で特定疾患として認定されたことがあります。

世間的には特定疾患という言葉を知らない人も多く、私が知人に説明した時も

「障害ではないんだ。良かったね。」

と言う人もいました。

ただ、

障害ではない=症状が軽い

というわけではないので、社会の理解のなさや制度に苦しめられている人がたくさんいるのも事実です。

私自身も、体調が悪化すると外出どころかトイレから離れることができないので、1番困ったのは仕事でした。

  • 接客業
  • 運送業
  • 外仕事

・・など、すぐにトイレにいくことが困難な仕事を行うことはほぼ不可能に近く、ただでさえハンデを背負っているのに選択肢はさらに狭められてしまうんですね。

なので今回は、同じ特定疾患受給者の人の参考になるように、私がぶつかった仕事に関する問題とその打開策についてお話していこうと思います。

もちろん、私も全ての難病や特定疾患についての知識があるわけではありませんが、1人でも多くの特定疾患受給者の人にとって有益な情報を提供できたらと思います。

特定疾患受給者の就職と転職の難しさ

さて、特定疾患受給者とはいえ就職や転職をするとなるとハローワークで仕事を探すことになります。

ただ、ハローワークの職員全てが難病患者の就職についての知識があるわけではないので、難病に関する担当者と相談することになるでしょう。

ここで

「担当者なら詳しいから安心」

と思ってしまいそうですが、資料を持っているというだけで全然知識がない人もいるので要注意です。

ちなみに、私は2012年から2016年までの間に6回ほど相談に行きましたが、

「この人は便りになるな」

という人はいませんでした。

特定疾患で就職をしようとした場合は、特定求職者雇用開発助成金(発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース)というものを利用することができますが、あまり期待しすぎない方が良いです。

なぜなら、特定求職者雇用開発助成金の制度というのは雇用を保証してくれるものではないからです。

この特定求職者雇用開発助成金は

発達障害者・難治性疾患患者を採用すると企業にお金が入るから利用しないよりは採用されやすくなりますよ

といったイメージになります。

なので、絶対に就職が決まるというわけではなく、少しは採用される可能性が上がる程度に思っていた方が良いでしょう。

特定疾患受給者が就職活動をする上で意識した方がいいこと

私は難病がキッカケでビジネスの勉強をするようになってよく分かるようになったのですが、特定疾患受給者はあることについて頭に入れておく必要があります。

そのあることとは

世の中は価値と価値の交換によって成立している

ということです。

(互いに釣り合う価値を交換しながら生活している)

私はよく

「ビジネスの本質は価値の提供であり、価値と価値の交換ですよ」

といったことを話しています。

ただ、これはビジネスにおいた話ではなく世の中の全てのことに言えることでもあるんです。

例えば

遊園地が嫌いな男の子が、大好きな女の子に

「今度遊園地行くんだけど一緒にいかない?」

と誘われた場合、かなりの確率でOKをするんじゃないでしょうか。

このような場合、女の子が

『自分がその男の子と過ごす時間』

という価値を提供し

男の子は大好きな女の子と一緒にいれるといった価値に魅力を感じて、遊園地が嫌いにも関わらず

『一緒に遊園地に行く』

といった価値を提供しています。

つまり、嫌いな遊園地よりも大好きな女の子との時間の方が魅力があったので交換が成立したということです。

これがビジネスの場合は、仕掛ける側が提供する商品やサービスと、仕掛けられる側が相応だと思うお金を交換しているというだけなんですね。

なので、私たち特定疾患受給者が就職するのであれば特定求職者雇用開発助成金を利用しながら

「あれができない・これもできない」

といったことを主張するのではなく

「これができます!」

といった感じでできることを主張して、

助成金+あなたを採用することのメリット

を示す方が良いということです。

しかし、どれだけメリットを伝えられたとしても心無い一言を言う人は必ずいます。

なぜなら、企業側にとっても自社に不利益になることはしたくありませんし、病気とは無縁で生きてきた人にとっては難病患者の気持ちを考えることは難しいからです。

ちなみに、私の父は企業で職員採用の面接なども行っているのですが、私に向かって

「大腸を全摘して人工肛門になれば障害認定されて障害者枠で就職できたのにね」

と言ってきたことがあります。

悪気はなかったのかもしれませんが、

「親の言うセリフとは思えん・・」

と驚きと悲しさを感じざるをえませんでしたね。

実の親ですら採用者側の考えでこのようなことを言ってしまうのですから、他人ならもっとキツイことを言われても不思議ではありません。

なので、あなたが就職活動を行うのであればこのようなキツイ言葉などを言われることを覚悟しておいた方が良いでしょう。

特定疾患受給者は就職しても支援を受け続けられるか分からない

時代が進むにつれて国や社会も難病者の待遇改善のための政策を打ち出していくかもしれませんが、安心はしていられません。

なぜなら、国の医療費の負担を減らすための変更点なども出てくるからです。

実際に私がクローン病として特定疾患に認定された当時は薬代を全額負担してもらうことができましたが、現在はある程度自費で支払う部分も出てきました。

さらに潰瘍性大腸炎などは患者数がかなり増えているので

難病から外されるのではないか

といった話すら出ています。

つまり、一旦保証を受ければ安心といったわけではなく、制度に変更があれば安心していた状況は一気に崩れ去ってしまうということです。

私が聞いたことがある話では、

障害者枠で採用されていたがある時障害認定が外れてしまって一気に会社側の態度が悪くなり最終的に退職することになった

という人がいます。

なので、私たち難病患者は誰かに依存しているばかりではなく

自分の力で生きていくスキル

といったものを身に付ける必要があるんです。

実際に私も難病で社会から見放された人生を送ってきたので、この

自分の力で生きていくスキル

の必要性を実感し、必死にこのスキルを身に付ける手段を探し続けたんです。

特定疾患受給者は支援を受けるよりもスキルを身に付けるべき

外出が困難な状態にあった私は、普通に就職することを諦めかけていたため、自分の力で生きていくスキルを身に付けるための手段を探し続けていました。

  • クラウドワークス
  • せどり
  • 転売

・・など様々なものを探して調べていった結果、見事に詐欺のようなものに引っかかりお金を支払う寸前までいったんです。(寸前で妻に止められたお陰で振り込まずに済みました。)

しかし、

  • 健常者のように働くことは無理
  • 働いたところでまた何を言われるか分からない
  • 邪魔になったら退職を促されるだけ

といったことが頭にあったので、ネットで様々な情報を探し続けていたところアフィリエイトというものを発見したんですね。

もちろん、詐欺に遭いかけたばかりだったため

  • 本当に大丈夫か?
  • 下手に手を出してひどい目に遭わないかな?

・・などといった感じでかなり慎重になってはいたのですが、調べれば調べるほどクローン病患者(潰瘍性大腸炎)でパソコン初心者の自分でも出来そうなことが分かって来たんです。

  • 自分のパソコンすら持っていない(妻にパソコンを借りて始めました)
  • 下手をすれば1年間パソコンに触ることすらない
  • コンビニのコピー機でコピーをすることも困難なほどの機械音痴

・・など、こんな自分でも現在は初心者の方に教える側になってしまったので、

  • パソコンは全然出来ない
  • ビジネスなんてやったことないけど

といった方でも全く問題ありません。

特定疾患受給者が在宅で取り組むべき仕事はアフィリエイト

アフィリエイトを勧めていると

「クラウドワークスの方が確実じゃないの」

といったことを思うかもしれません。

確かにクラウドワークスは安心して報酬を受け取ることが可能です。

ただ、クラウドワークスで

1記事700~1000円

といった給料で安定して報酬を受け取っても、その記事を依頼しているアフィリエイターが

“あなたの書いた記事で月収100万円以上を稼いでいる”

といったことも多々あるんですね。

なので、将来のことを真剣に考えるのであればアフィリエイトに取り組んで欲しいと思います。

特定疾患受給者は支援を受けなくても生活していける?

また、アフィリエイトについてネットで調べてみると

  • アフィリエイトは世界一自由な職業
  • アフィリエイトはパソコン1台で月収100万円以上を稼ぐことが出来る
  • アフィリエイトは放ったらかしで収入を得ることが出来る

・・などといった情報を目にすることがあります。

このような信じがたい情報ばかりがならんでいると

  • 怪しい
  • きっと詐欺でしょ
  • 有り得ない

・・などと思ってしまうかも知れませんが、アフィリエイトはAmazonや楽天も取り入れているくらいの立派なビジネスです。

さらに最近では、ふるさと納税のアフィリエイトまで登場してきていたり、確定申告の書類にも

アフィリエイト収入の有無

という項目があったりするので、アフィリエイトはこれからどんどん盛んになっていくビジネスモデルであると言えるでしょう。

特定疾患受給者の在宅ワークに適したアフィリエイトとは何なのか?

アフィリエイト(Affiliate)には“提携”という意味があり、企業などが開発した商品を自分のサイトやブログなどで紹介して販売するビジネスになります。

そして、あなたのメディアに訪れたユーザーが、あなたが紹介した商品を購入すると売上の一部を報酬として受け取ることが出来るのです。
(アフィリエイトをする人をアフィリエイターと呼びます。)

もちろん、勝手に商品を紹介しても報酬を受け取ることは出来ないので、アフィリエイトを始めるにはASPというところに登録する必要があるんですね。

ASPとは「アフィリエイト・サービス・プロバイダー」の略で、商品を売りたい“販売者”とアフィリエイトする商品を探している“アフィリエイター”を結びつける“仲介業者”です。

報酬を受け取る流れとしては

ASPに登録

売りたい商品を探して自分のブログやサイトで紹介

商品が売れるとASPを通じて報酬が支払われる

といった感じになります。

この仕組みを利用することで、企業と直接取引する必要もなく商品を代理販売することが出来るというわけです。

特定疾患受給者におすすめなアフィリエイト報酬の種類を解説

アフィリエイトには、クリック報酬型のものと成果報酬型のものがあります。

クリック報酬型のアフィリエイト

クリック報酬型で最もメジャーなのは、Googleアドセンスです。

このクリック型報酬のメリットは商品が売れたかどうかに関係なくクリックした地点で報酬が発生することですね。

無理に商品を売り込む必要もないので、特別なスキルがなくても簡単に報酬が発生します。

ただ、単価が非常に低く1~数十円というものがほとんどなので、かなりの人数にクリックしてもらわないと稼ぐことは難しいでしょう。

クリック型報酬で月収100万円以上稼いでいる人もいますが、かなり少ない割合であり達成する難易度が高いのでオススメは出来ません。

お小遣い程度を稼ぐことはそこまで難しくはないので、趣味で運営しているブログに広告となるバナーを貼り付けておくというのには向いています。

なので、

アフィリエイトで本気で稼ぎたい

という場合にはクリック報酬型ではなく、成果報酬型のものに取り組んで欲しいと思います。

成果報酬型のアフィリエイト

成果報酬型のものは、商品を紹介して商品が売れた時や、サービスに登録してもらった際に報酬を受け取ることが出来るものです。

扱える商品も

  • 美容(化粧品・ダイエット商品・エステ)
  • 健康(サプリメント、青汁)
  • ファッション(洋服、小物類)
  • 食品・飲料(宅配食材・ウォーターサーバー)
  • 金融(クレジットカード、FX)
  • 求人(転職・バイト)
  • 旅行(旅行ツアー、レンタカー、旅行予約サイト)
  • インターネット(レンタルサーバー、WiFi)
  • ゲーム(アプリ)
  • 教育(資格・スクール)
  • 情報商材

・・など。

もちろん、これ以外にももっと種類があるので

「売りたい商品がない」

という状況になることにはないでしょう。

また、扱う商品によっては報酬が1万円を超えるものも存在するので、少ないアクセスでも大きな金額を稼ぐことが可能になるのです。

特定疾患受給者が在宅でアフィリエイトに取り組むメリットとは

まず、アフィリエイトのメリットは時間や場所の自由が挙げられます。

私たち特定疾患などの難病患者は健常者のペースに合わせることが難しいと思うのですが、会社で働いていたら自分のペースで働けるわけではありません。

ただ、アフィリエイトはパソコン1台で全ての作業が簡潔してしまうので、事務所や従業員を抱える必要もなく働く場所もネットさえ繋がっていればどこでもOKで自分の好きな時間だけ作業をすることが出来ます。

体調の悪い日は1・2時間、元気な日はガッツリ1日作業をするといった感じで自分で計画的に作業を進めていくことも出来るんですね。

もちろん、作業をした分だけ稼げるようになるまでの時間を短くすることができるのですが、体調を崩さない程度に頑張って欲しいと思います。

(頑張れば頑張るほど成功するまでの期間を縮めることが可能)

そして、初期投資も少なく始めることが出来るのも大きなメリットです。

パソコンさえあれば、基本的にサーバーとドメイン代のみ払っていれば取り組むことが出来るんですね。

サーバーとはネット上の自分のサイトやブログが存在する土地のようなもので、ドメインは住所のようなものだと思ってください。

サーバーも月500円も出せばこのようなブログを運営出来るのでドメイン代と合わせても年間1万円もあれば十分です。

実際に自分で店舗を借りてビジネスを行おうと思えば、数百万円~数千万円くらい用意する必要がありますし、商品を仕入れて売れなければ借金だらけになってしまう可能性もありますよね。

しかし、アフィリエイトならば商品を仕入れる必要もなく、最初に勉強するために教材を買ったとしても数万円投資するだけで月収にして数十万~数千万円という金額を個人で稼ぐことが可能なのです。

このようなことから、アフィリエイトがいかにリスクが少なくお金を稼ぐことが出来るビジネスであるかが分かるのではないでしょうか。

そして、一度稼げるようになってしまえば、後は旅行をしたり自分の趣味に時間を費やしたりしていてもあなたの通帳に勝手に不労所得が振り込まれてくるのです。

不労所得についてはご存知だと思いますが、不労所得は一切労働を必要としない所得のことを言います。

某有名漫画家もヒット作品を世に送り出しているお陰で、新作のゲームが発売して連載を休載したとしても勝手に印税収入が振り込まれています。

アフィリエイターも同じようなものです。

一度お金を稼ぐ仕組みさえ構築することが出来れば、汗水垂らしながら嫌な上司やお客さんに頭を下げて仕事をしなくても、毎月毎月あなたの口座に不労所得が振込まれるんですよ。

もちろん、コネも実績も特別な才能も必要なく完全匿名で始めることが出来ます

自分の体調に合わせて自宅で作業をしながら会社員以上の収入を得ることが可能ですし、入院してもパソコン使用可能であれば問題なく作業が出来ます。

自分がした作業がネット上に資産として残っていくので

  • 体調を崩して会社を休んでいても
  • 入院していても
  • 検査をやっていても

勝手に売上が上がってしまうんですね。

もちろん、完璧なものは存在しないのでアフィリエイトにもデメリットはあります。

アフィリエイトのデメリットとしては

  • 即金性がない
  • 辞めようと思えばすぐに辞められてしまう

といったことでしょう。

時給制ではないため、

1時間作業したから1000円

などといったことがなく、報酬が発生し始めるまでは作業を続ける必要があります。

そのため、1ヶ月も実践しない内に諦めてしまい

アフィリエイトなんて稼げないから辞めた方が良い

といったことを言う人がいるわけです。(取り組むものよっては1ヶ月目から報酬が発生するものもあります。)

また、実際のビジネスと違って何百万円もかけて始めるようなものでもないので、

めんどくさいからやーめた

などといってすぐに辞めることも出来てしまうんですね。

(いつでも簡単に辞めれてしまう)

実際にアフィリエイトで稼げるようになった自分から言わせてもらえば

コツコツ努力を続ければ稼げるようになるのにもったいないなぁ

といった感じです。

私が思うに、難病患者は

どうにかして現状を打開したい

という想いが普通の人よりも強いはずなので、アフィリエイトのように努力すれば誰でも稼げるようになるビジネスモデルは非常に向いていると言えます。

さらに、アフィリエイトという収入源を得ることで本業で無理をする必要もなくなり、働く時間を減らすことも可能になってくるんです。

  • 副業として取りくむもOK
  • 副業として取り組みつつ本業以上の収入を目指していくのもOK
  • 治療の合間に取り組みつつ自分だけの力で生きていくスキルを身に付けるのもOK

といった感じですね。

特定疾患受給者でもできる仕事はある

今回

  • 私と同じように難病で仕事をについて悩んでいる人
  • 難病で人生が狂ってしまった人

に対して、

  • 希望となる情報を提供する
  • この記事をキッカケにアフィリエイトで自由を手に入れて欲しい

という思いから、潰瘍性大腸炎(クローン病)で転落した私の人生を救ってくれたアフィリエイトの魅力について解説してきました。

  • クローン病や潰瘍性大腸炎の患者会
  • ハローワーク
  • 難病支援センター

どこにいってもアフィリエイトという情報を得ることは出来ませんでしたし、身の回りで教えてくれる人もなかったんですね。

なので、同じ病気で苦しんでいる人の助けになれたら良いなと思い今回は記事を書かせていただきました。

実際に私もアフィリエイトで生計を立てられるようになったお陰で、

  • 自宅で仕事ができる
  • 自分の体調に合わせて作業ができる

といった環境でストレスなく生活していたらどんどん病状も良くなりました。

むしろ健常者の妻より元気です。(私が妻の看病をすることはあってもその逆はないくらい元気になりました)

そして、一応病院には通っていますが主治医の先生からも

「薬をかなり減らしてもここまで元気だからほとんど飲まなくても大丈夫なのかもね」

と、外出すら困難であった私がここまで言ってもらえるところまで回復したんですよ。

なので、

自分は難病患者だから

と言いながら買いたいものを諦めたり、自分を低く見る必要はありません。

アフィリエイトであれば在宅でサラリーマン以上の金額を稼ぐことも十分可能なので是非取り組んでみてください。

以下の記事にて、パソコン初心者の特定疾患受給者でも実践しやすい初心者向けのアフィリエイトに関してまとめましたので参考にしてみてください。

→ネットビジネス初心者でも稼げるオススメのビジネスモデル7選

本日は最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

質問や感想などありましたら以下からお問い合わせくださいね。

→ソラに問い合わせる

本気のメッセージには私も全力でお返事させていただきますので、

こんなこと聞いても大丈夫かな

といった心配はせずに気軽にメッセージを送っていただけたらと思います。

ネットビジネス初心者の方だけに限らず、同じ難病で悩む人の役に立てるように情報を発信していきたいと思いますので是非またお越しください。

あなたがこの記事を読んだことで

難病だから人生終わった

といった状態から

難病がきっかけでアフィリエイトを知り普通に生きていたら知ることができない世界を知ることができた

といったことを思っていただける記事になったらと思います。

私と一緒に人生をより良いものに変えていきましょう。

ソラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。