IBS患者が選ぶべき仕事で1番おすすめは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IBSで仕事や通勤はつらい

ソラです。

この記事ではIBSで下痢や腹痛で悩まされている人に、同じように腹痛や下痢で悩み続けた私が問題を解決した方法などをお話ししていきます。

(イライラのない理想の人生を)

私は、クローン病、潰瘍性大腸炎、IBS(過敏性腸症候群)の3つの病気で診断を受けた事があります。

高校生の時に、IBSのクラスメイトがいて、かなりの頻度でトイレにいっていたのですが、当時はそのクラスメイトが少し変わった性格であった事もあり

「仮病なのか本当に病気なのかわからないな」

と失礼な事を思ってしまっていました。

そんな自分が、その直後から潰瘍性大腸炎、クローン病、IBSと立て続けに腸の病気にかかり、トイレで悩み続ける人生を送る事になるとは思ってもいなかったです。

(腹痛である事が普通の日常に)

クローン病と潰瘍性大腸炎は下痢や下血でトイレに悩む人が多いですが、IBSには便秘型の人もいるので腹痛だけに悩んでいる人もいるかもしれません。

IBSの下痢型には特に男性が当てはまる事が多いらしいので、あまりに困る場合は早めに病院で相談してみるのがいいでしょう。

IBSで仕事をするための対策は?

IBSの対策としては、対症療法にはなってしまいますが、イリボーという便意感じる信号を鈍くさせる薬を飲む事で解決できる人もいるかもしれません。

しかし、私も飲んだ事がありますが、1錠以上飲まないようにと言われても全く効かず2錠飲んでみましたが何も変わりませんでした。

潰瘍性大腸炎も同時に発症していましたし、仕事がトイレにいけない仕事であったのでIBS患者にとってはかなりきつかったです。

職場でもIBSの症状は理解してもらえなかったので、食事を抜いて出勤する事も多々ありました。

しかし、食事をしなければ倒れてしまうので、仕事の前の日は

  • 油の多い食事は控える
  • 早い時間に夕食を摂ってしまい消化を早める

といった事をして、なるべく出勤前に便を出し切った状態で出勤するように心がけていました。

IBSで下痢や腹痛で悩むのであればストレスをなくすべき

潰瘍性大腸炎、クローン病、IBSの3つの病気はどれもストレスがかなり関わってきているので、根本的な問題を解決するにはストレス自体を無くしていかないと問題を解決するのは難しいと思います。

仕事やプライベートでもストレスは発生するのに、追い討ちをかけるように通勤時の下痢や腹痛でストレスを感じていたら、解決どころか悪化していく可能性の方が高いです。

(ストレスでどんどん悪化する)

私の場合は、職場の上司からのパワハラが原因で腹痛や下痢に悩まされていましたが、2年くらい我慢した後に病状が悪化し下痢が酷すぎて出勤不能なほどになってしまいました。(1日50回くらいトイレにいっていました。)

休職をしながら治療に専念したのですが、退職を強要され妻と0歳の赤ちゃんがいる状況でどん底に突き落とされてしまったんです。

IBSで引きこもりに

すぐにトイレに行きたくなってしまう症状が続いたので、買い物に出かける事すら怖くなり、次第に引きこもりの様な生活を送るようになってしまっていました。(漏らしてしまうのが怖くて)

当時は仕事を辞めて傷病手当をもらっていたので、いかにして外出しないかを考えて、1週間で2日ほどしか外出していなかったです。

(可能な限りトイレに行きやすい状態をキープしていた)

本当なら宅配スーパーなどを活用して一切外出しないくらいにしたかったのですが、宅配を頼むと割高になってしまうので、貧乏な我が家にはとても利用できるものではなかったです。

なので、週に2回、車で2時間以内で買い物を済ませて、あとはずっと引きこもり状態でした。(田舎なので片道20分くらい行かないとスーパーがありませんでした。)

IBSで仕事が難しいなら在宅で収入を得ればOK

生活費を得る為に就職しようにも、過去の私は通勤ができなかったので、在宅で仕事をするしか選択肢がなかったのですが、ネットで調べまくってなんとか問題を解決する事ができるようになりました。

(腹痛や下痢がキッカケで自由な人生にシフトできた)

現在はパソコンを使って在宅で仕事をする事ができており、ストレスから解放されたせい全く腹痛や下痢で悩まされる事もなくなったんです。

(IBSの症状もなくなりました。)

現在は通勤しなくても会社員時代よりも収入を増やす事ができているのですが、同じ悩みを持っている人に参考にしてもらえる様に、私が通勤せずに在宅で収入を得ている方法について簡単に紹介させて頂きますね。

仕事を変えてIBSを改善

私が通勤せずに自宅でトイレの心配をせずに、収入を得られるようになったのが

アフィリエイト

というビジネスになります。

アフィリエイトについて知らない方もいると思うので、まずはアフィリエイトの仕組みから説明しますね。

(世界一自由な職業)

アフィリエイト(Affiliate)には“提携”という意味があり、企業などが開発した商品を自分のサイトやブログなどで紹介して販売するビジネスになります。

そして、あなたのメディアに訪れたユーザーが、あなたが紹介した商品を購入すると売上の一部を報酬として受け取ることが出来るのです。

(アフィリエイトをする人をアフィリエイターと呼びます。)

もちろん、勝手に商品を紹介しても報酬を受け取ることは出来ないので、アフィリエイトを始めるにはASPというところに登録する必要があります。

ASPとは「アフィリエイト・サービス・プロバイダー」の略で、商品を売りたい“販売者”とアフィリエイトする商品を探している“アフィリエイター”を結びつける“仲介業者”です。

報酬を受け取る流れとしては

ASPに登録

売りたい商品を探して自分のブログやサイトで紹介

商品が売れるとASPを通じて報酬が支払われる

といった感じになります。

流れを図で解説すると以下の様な感じです。

(アフィリエイトの流れ)

この仕組みを利用することで、企業と直接取引する必要もなく在庫を抱える事もなくノーリスクで商品を代理販売することが出来るというわけです。

仕事をするために出勤する必要もないので完全在宅で完結してしまうんですね。

基本的に、やり方さえ間違えなければほとんどの人が稼げるようになるので

  • 家事と育児の合間に実践している主婦
  • 寝る前に毎日1時間副業として実践しているサラリーマン

といった時間がない人でも、コツコツ取り組むことで月に数十万円以上稼いでいる人も多いです。

また、近年ではアフィリエイトで収入を得る人が増えてきているので、確定申告の書類にも

『アフィリエイト収入の有無』

をチェックする欄もあるくらいです。

実際に私も、上記で説明したものにチャレンジしてきましたが、実際に稼げるようになったのはアフィリエイトだけでした。

「才能があったんじゃないの?」

と思うかも知れませんが

  • 自分のパソコンすら持っていない(妻にパソコンを借りて始めました)
  • 実家で母親にパソコンに触るのを禁止されていた(壊す危険性があるため)
  • コンビニのコピー機でコピーをすることも困難なほどの機械音痴

・・など、こんな自分でも現在は初心者の方に教える側になってしまったので、

  • パソコンは全然出来ない

といった方でも全く問題ありません。

IBS患者がアフィリエイトを仕事にするメリットとは

アフィリエイトのメリットは時間や場所の自由が挙げられます。

会社で働いていたら自分のペースで働けるわけではありませんし、通勤途中の腹痛で遅刻しても怒られてしまうでしょう。

しかし、アフィリエイトはパソコン1台で全ての作業が簡潔してしまうので、事務所や従業員を抱える必要もなく働く場所もネットさえ繋がっていればどこでもOKで自分の好きな時間だけ作業をすることが出来ます。

(通勤しなくてOK)

体調の悪い日は1・2時間、元気な日はガッツリ1日作業をするといった感じで自分で計画的に作業を進めていくことも出来るんですね。

仮に急な仕事があっても、ノートパソコンやスマホを使って、トイレで仕事をする事だってできちゃいます。(流石にしませんが)

もちろん、作業をした分だけ稼げるようになるまでの時間を短くすることができるのですが、体調を崩さない程度に頑張って欲しいと思います。

(私はこんな感じでコツコツ作業していました)

さらに、アフィリエイトという収入源を得ることで本業で無理をする必要もなくなり、働く時間を減らすことも可能になってくるんです。

例えば、1日30分ずつ作業をしていって、月に5万円の副収入を得る事ができれば、無理して月収20万円の正社員を目指さなくても、月収15万円の契約社員で働く事も可能になります。

普通の仕事であれば、同じ仕事量を続けていてもこの5万円という金額が増えていく事はほとんどありません。

しかし、アフィリエイトの場合であれば、自分のした事がネット上にどんどん積み重なっていくわけであるので、1日30分の作業で月収5万円稼げていたとして、そのまま1日30分の作業を継続していけば

  • 1ヶ月後・・月収7万円
  • 2ヶ月後・・月収13万円
  • 3ヶ月後・・月収21万円
  • 4ヶ月後・・月収36万円

・・

といったように、右肩上がりに増やしていく事が可能になるんです。

正しいやり方さえ知っていれば、作業をしただけ収入を増やしていく事が可能ですし、同じ作業時間であっても全く問題はありません。

ネット上にどんどん資産が増えていくわけであるので、作業をすればするほど

働く時間は減るのに収入は増える

といった、労働収入では体験する事ができない状況を実現できるのもアフィリエイトの強みです。

しかも、東大を出たエリートや、パソコンの知識があるプログラマーなどがアフィリエイトで稼いでいるわけではありません。

アフィリエイトで稼いでいる人は

  • 会社をリストラされてしまった会社員
  • 旦那さんの給料だけでは生活できずに困っている子育て中の主婦
  • ニートで引きこもりだった青年

といった人であったり、私たちと同じように難病で働く事ができなくなった人など、学歴もスキルもなくお金に困っていた人がほとんどです。

そして、その人たちがどうにか問題を解決しようとして、ネットで

  • 副業
  • 在宅ワーク

といった事を調べてアフィリエイトにたどり着いているのです。

なので、あなたがパソコンなんてほとんどできなくても、私のブログでアフィリエイトを知ったという状況であっても、全く問題はなくアフィリエイトで稼いでいく事は可能になります。

IBS患者は自宅を職場にすべき

今回は、通勤で下痢や腹痛で悩んでいた私が問題を解決した方法について紹介してきました。

自家用車、電車、バスなど人によって通勤方法や時間なども異なるかと思いますが、目覚ましをかけずに生きていけるというのはかなり幸せですし、アフィリエイトで稼げるようになれば現在の仕事を辞める事も十分可能になってきます。

もちろん、嫌な上司に頭を下げる必要も0で、通勤する必要がなくどこでも仕事ができます。

(旅行先のホテルでも仕事が可能)

本当に自由過ぎてびっくりすると思います。

なので、是非あなたもアフィリエイトを実践して自由な人生を実現していきましょう。

以下の無料メール講座で私がアフィリエイトで稼いでいる方法などを公開しているので是非読んでみてください。

→無料メール講座の詳細はコチラから

本日の内容は以上になります。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

質問などありましたら以下から連絡してくださいね。

→ソラに問い合わせる

本気のメッセージには私も全力でお返事させていただきますので、

こんなこと聞いても大丈夫かな

といった心配はせずに気軽にメッセージを送っていただけたらと思います。

私と一緒に人生をより良いものに変えていきましょう。

ソラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。