あなたがYouTubeで稼ぐために知っておきたいこと・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeで大金を稼ぐユーチューバーたち

ソラです。

近年では、テレビの放送上の規制が厳しくなり、内容もマンネリ化してきている中で、マニアックな動画を視聴することが出来るYouTubeを見る人が増えています。

テレビでインタビューを受けていた高校生も、YouTubeを見ないと友達同士の会話についていけないという話をしていました。

そんな中で、昔からYouTubeで動画を投稿し続けて成功しているHIKAKINさんや

(日本のユーチューバーの代表格)

近年急激に成長して大きなYouTubeで利益を挙げているヒカルさんなどに影響されて

(勢いのあるユーチューバー)

「自分もYouTubeで稼いで成功してやる」

と希望を持ってYouTubeに参入する人が続々と増えてきています。

HIKAKINさんの年収は以前から3億を超えるとも言われており、ヒカルさんも、自身がテレビに出演した際に、

「2017年の年収は3億~5億くらいになると思う」

という発言をしています。

一般人では想像も出来ない収入を得ている日本のトップユーチューバーたちですが、実は、世界に目を向けると、もっと多くの金額を稼いでいる人達がいます。

その中でも、世界一のユーチューバーと言われる『ピューディパイ(PewDiePie)』さんという方の2016年の年収は

 約17億円 (1,500万ドル)

と言われています。

ここまで異次元の金額だと、日本トップユーチューバー数人の年収を足したとしても、とても歯が立ちません。

海外ユーチューバーの方が稼げる理由

日本のユーチューバーもかなり工夫を凝らして面白い動画を配信しているのですが、ここまで圧倒的な差が出てしまう要因として

動画を配信している市場の大きさが違う

という問題が考えられます。

人口を考えれば分かることですが、日本国内よりも海外ユーザーのほうが圧倒的に多いです。

実際に2014年の調査結果では、日本国内だけでは4000万人。全世界になると10億人ものYouTubeユーザーがいると言われています。(現在では年々スマートフォンの普及率も上がっているので、さらに多くの人がYouTubeを利用しているでしょう。)

その差は何と25倍!

単純な母数が違うので、再生数も圧倒的な差が出てしまうのはしょうがありません。
HIKAKINさんもヒカルさんもかなり頑張っていると思いますが、このユーザーの差はどうにもできないでしょう。

莫大な再生数を叩き出す海外YouTube

市場の大きさがどんなものなのか確かめるためにある実験をしてみました。

まずは、日本語で“面白い”と検索をして再生回数順に並び替えてみると

(トップの動画は中々の再生数)

となりました。

900万回を超える動画があり、そこから次第に再生数が下がっていき、1ページに表示される最後の動画では200万再生ほどにまで下がってしましました。

これを英語で「funny」と検索してみると

(異次元の再生数が多発している)

何と、一番再生数の多い動画は3億間近です

下の動画にいくにつれて、少しずつ再生数は下がってはいきますが、その後何ページにも渡って、数千万再生の動画が続いていたのです。

私自身も、ここまで圧倒的な差があるとは思っていなかったので、正直驚きを隠せませんでした。

やはり同じネタを作るのであれば、国内をターゲットにするよりも、海外に向けて動画を配信したほうが有利なことは明白でしょう。

YouTubeで広告収入を得る

そして、全世界で10億人という莫大なユーザーがいるYouTubeですが、動画を投稿しているユーザーは「10%未満」と言われています。

この事実はとても凄いことで、90%以上のユーザーの視聴した莫大な広告収入が、10%未満の動画を投稿しているユーザーのもとに支払われていることになります。

なのであなたも、全世界に向けて動画を配信していけば、この莫大な広告収入を受け取ることが出来るんです。

しかし、日本国内に留まって、少ない市場で必死で競争していても、莫大な収入を得られないばかりか、生活して行けるレベルの収入を得ることすら出来ない可能性も十分にあるのです。

日本国内の少ない人数“だけ”を相手に動画を配信することを辞め、全世界という莫大な人数を相手に動画を配信していけば、稼げないという問題は嘘のように解決してしまうでしょう。

多様な価値観がもたらす可能性

海外に動画を発信していく上で、もう一つ知っておいていただきたいことがあります。

それは、各国や地域によってそれぞれ全く別の価値観を持っているということです。

気候や文化、歴史、法律、経済の成長度・・何を取っても同じ国はないので、価値観はかなり変わってきてしまいます。

例えば、会社で働く際の“遅刻”ということについて考えてみます。

日本はその時間を1分でも過ぎたらアウトですし、直前に出社していたら周りからの目も冷たいでしょう。

しかし、他の国の遅刻の基準は

  • ブラジル・・就業時刻までに会社に出社していればOK
  • ドイツ・・5分
  • イギリス・・10分
  • イタリア15分

・・などとなっており、その他の国では30分以上でも大丈夫という場所すらあります

時間というものの考え方一つ取っても全く違う考え方を持っているので、同じ動画を投稿しても得られる反応は全く別のものになってくるんですね。

日本であなたが良いと思うものを投稿しても、同じような価値観を持った日本人同士で競い合っても差は付きにくいです。

(日本ではウケなくてもある国では大ヒットする可能性も)

ですが、日本人の価値観で、全く違う価値観の海外の人に対して動画を配信していったら、どこかの国では、

「こんな斬新なアイデアがあったのか」

といった感じで、瞬く間にメガヒットを叩き出してしまう可能性だってあるのです

実践の流れとステップ

YouTubeで海外の人に動画を発信していく上で何よりも大事なのは、

配信したい国や地域の言語で動画を投稿するということです。

「この動画はアメリカ人に絶対ウケるはずだ」

と気合満々で日本語で投稿していても、アメリカで表示されなければ、全く検索されないでしょう。

なので、実際に海外に向けて動画を配信する際には、翻訳ソフトは必須です。

翻訳ソフトの準備が出来たら、実際にどんなジャンルの動画が人気なのか調べてから取り組んでいくと良いでしょう。

実践する際は以下のステップで、取り組んでみてください。

ステップ1、アドセンス取得
ステップ2、リサーチ
ステップ3、動画編集

具体的に解説していきますね。

 ステップ1、アドセンス取得

(収益化のために取得する)

どんなにやる気になって取り組んでも、実際に収益が発生するようにしなければ稼ぐことは出来ません

まずは、動画が再生された時に収益が発生するようにGoogleでアドセンスを取得してください。

実際に取得する際には、ブログを作成して記事を投稿し、それを審査してもらい合格であればアドセンスが取得出来ます。

アドセンスの取得のコツなどは年々傾向が変わっているので、ノウハウなどを購入してアドセンス取得のコツを学ぶほうが確実かもしれません。

既にアドセンスを取得している方はこのステップは飛ばして次のステップから取り組んでください。

ステップ2、リサーチ

(翻訳ソフトを活用する)

実際にどんなジャンルの動画がその国で人気があるのか、検索して再生数を見ていってください。

この時に、日本語で検索しても日本の動画が出てきてしまうので、インターネットで動画を投稿したい国が何の言語を使用しているのかを調べて、それを元に翻訳ソフトで翻訳して検索していきましょう。

調べ始めは全くイメージが出来ないかもしれませんが、今後動画を投稿していく中で、次第にその国ではどんな動画が人気なのかは何となく分かってくるはずです。

ステップ3、動画編集

(無料編集ソフトで編集)

リサーチが完了したら動画を撮影して編集をしていきます。

動画を編集する際は、最初の内は、無料の編集ソフトで大丈夫です

作業に慣れてきて、より高度な編集を行いたくなったら、有料の編集ソフトを購入すれば十分です。

動画を編集が出来たら、投稿して完了です。

まとめ

今回は、YouTubeで稼いでいくために海外に向けて動画を配信していくことの可能性について解説してきました。

初心者の方が本気で稼ぎたいと思うのであれば、海外という大きな市場を相手にしていくことで、早く簡単に稼いでいくことが出来るでしょう。

とはいえ、

  • 「アドセンスが取得出来るか不安」
  • 「もっと具体的にネタの探し方を知りたい」
  • 「動画を撮影する自信がない」
  • 「動画の編集ってどうやるの?」

・・など、様々な不安や疑問があるかもしれません。

もし、独学で始めるのが不安であればGyaku Tube(小西和夫)という商材がかなりオススメです。

アドセンス取得の方法から、動画のネタの探し方、編集の方法から戦略までが具体的に解説してあります

さらに、顔出し不要、カメラも不要動画を作成していくノウハウなので会社員の副業にも最適だと言えます

実際にGyaku Tube(小西和夫)について詳しく知りたい方は、以下の記事にて私のオリジナル特典付きでレビューしていますので読んでみてくださいね。

→初心者でも稼げる?Gyaku Tube(小西和夫)のレビュー

全世界に動画を配信することで、普通に生活していた一般人が、ハリウッドスターレベルの年収を獲得することが出来るんです。

しかし、日本で動画を投稿していたら、同じような知識や価値観の人が多いので、誰よりも体を張るか、とんでもないセンスを発揮してライバルたちに勝つしかありません。

そんな難しいことにチャレンジしなくても、今あなたの持っている価値観は、海外では斬新かつ新鮮で、ライバル不在で稼いでいける可能性もあるのです。

国内で、有名になりつつお金持ちになろうとしているライバルたちを横目に、あなたは海外という大きな市場を相手に、動画を配信して大金を稼いで行きましょう。

本日も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

疑問、質問、感想などありましたら以下からお問合わせくださいね。

→ソラへ問い合わせる

これからも価値ある情報の発信に努めていきますので是非またお越しください。

私と一緒に人生をより良いものにしていきましょう。

ソラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。