ブログ記事の作成時間を大幅に短縮するために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を書くのに時間がかかり過ぎる

ソラです。

前回、以下の記事にて、アフィリエイトで稼いでいくために、文章力を向上させていく方法について解説しました。
(まだ読んでいない方は、併せて読んでみてくださいね。)

→アフィリエイトで稼ぐために必要な文章力を向上させる方法とは

文章力は向上してきたものの、実際に記事を書いていて他に悩みはありませんか?

  • 1記事書くのに時間がかかり過ぎてしまう
  • まとまりのない文章になってしまう
  • 途中で脱線して違う内容になってしまう

・・など、色々な悩みもあるかと思います。

ただスピードを追求すれば、内容が薄くなってしまうし、よりたくさんの情報を提供しようとするあまり、全然違う内容の記事になってしまう・・

記事を書くスピードも上げつつ、まとまりのある文章を作成し、ユーザーに価値を提供するというのは難しいことではありますが、ビジネスを行っていく上では絶対に身に付けたいスキルです。

なので今回は、記事の作成時間も短縮し、まとまりのある文章を書くために知っておいて欲しい重要なポイントなどを解説していきます。

文章の書き方に問題があった

記事作成に時間がかかり過ぎてしまっていたり、まとまりのある文章が作成出来ない理由として考えられるのは

最初からいきなり文章を書き始めてしまってる

ということです。

  • 「え?普通じゃないの?」
  • 「最後から書くってこと?」
  • 「それ以外にどうやって書くの?」

・・などといったことを思うかもしれません。

私自身も、それが普通だと思っていたので、気持ちは良く分かります。

学生時代に、先生から原稿用紙の簡単なルール(段落の始まりは1文字空ける、会話文は「」を使用するなど)は教わった記憶がありますが、文章作成のコツなどは全く教わった記憶がありません

従って、悩みながらも原稿用紙の最初から文章を書き始めていました。

自分だけがそうしていたわけではなく、周りの友人たちも同じです。

みんな必死に文章を書いても、いつも同じ女の子が先生から褒められていたので、

「自分には文章を書く才能はない」

と思うようになってしまったんですね。

なので、アフィリエイトを始めた頃は、SNSや日記の感覚でブログ記事を作成しようとしていたので、1記事書くのに何日もかかっていました。

文章作成のコツとは

1記事完成させるのに、時間がかかり過ぎてしまっていた私ですが、ある方法で文章を書くようにしたところ、1記事書く時間が今までの半分になってしまったんです

その方法とは、

最初に全体の大枠を決めてから文章を書き始める

ということです。

「え?逆に手間が増えて時間がかかりそう」

というように、一発で記事を作ったほうが、効率が良さそうに感じますが、実は違うんですね

例えば、家を建てる時も、基礎となる土台を作ってから全体の骨組みを最初に作ると思います。

もし、大工さんが

「とりあえず作り始めるか」

と言って、いきなり玄関などから作業を始められても良い家は完成しませんよね?

しっかりとした骨組みが出来ているからこそ、その後の細かな作業がスムーズに進めていけます。

(骨組みを組んでから他を作っていく)

文章作成も同じなんです。

全体の大枠を組み立てた後は、流れに沿って細かい部分を肉付けしていくだけなんですよ

大枠から文章を作成するようになれば、文章を繋げるための細かい表現を入れるだけで、

  • ボリュームがある
  • 結論までの道筋が整っている
  • 完結で分かり易い解説がされている

・・といった質の高い記事が完成します。

大枠の地点で結論や途中の内容も分かっているので、執筆時には細かい部分を追加していくだけで、非常にスムーズに作業を進められるんです。

しかし、最初からいきなり文章を書くことを続けていれば、中々記事を完成させることが出来ずに時間だけが過ぎていってしまいます。

さらに、出来上がった文章は、読みづらく、何を言いたいのか分からないような記事になる可能性も十分に有り得ます。

(中々記事が完成しない・・)

私も 以前は、1記事書くのがとても長い作業に感じられたんですね。

しかし、大枠から作成していくことによって、1つの長い文章を作成しているというより、短い文章を何個も書いて繋ぎ合わせているような感覚になりました。

5000字の文章を書くとして、5000×1記事ではなく、500×10記事という感覚になったことで、記事を書くことに対する抵抗がかなり減ったんです。

なのであなたも、大枠から記事を作成していくことによって、文章を書くスピードは大きく縮めることが出来るんですよ。

文章作成にも役立つマインドマップとは

文章の大枠を作成する際に非常に便利な方法があります。

それはマインドマップ方式です。

マインドマップとは、人間の創造性、記憶力、そして学習をめぐる著述活動を行っているイギリスの著述家トニー・ブザンが提唱したノート術です。

(マインドマップの例)

紙の中心に主題を書き、そこから放射状に連想するキーワードやイメージを広げていき発想を広げていきます。

マインドマップは、人間の脳の仕組みを最大限に活用するツールであり、情報をより早く整理したり、理解や記憶することに適しているんですね。

そして、マインドマップを活用することで

  • 直感力・思考能力が高まり、自分の才能が引き出される
  • 頭が整理されることにより、問題解決力が高くなり、アイデアが沢山出るようになるので、頭が良くなる
  • 自分のより深い部分の考えを知ることが出来て、思考が楽しくなり、目標がはっきりするのでモチベーションが上がる

・・などの効果もあると言われています。

目的を見失わない

マインドマップは非常に便利であるのですが、気を付けて欲しいことがあります。

それは、マインドマップを書くことを目的にしないということです。

実際に、マインドマップには12のルールがあるということをトーニー・ブザンが語っています。

  1. 無地の紙を使う
  2. 用紙は横長で使う
  3. 用紙の中心から描く
  4. テーマはイメージで描く
  5. 1つのブランチには1ワードだけ
  6. ワードは単語で書く
  7. ブランチは曲線で
  8. 強調する
  9. 関連づける
  10. 独自のスタイルで
  11. 創造的に
  12. 楽しむ!

※ブランチは中央の主題から生えている枝のことです。

ここでマインドマップを使用する目的は、文章作成の時間を減らし、よりまとまりのある文章にすることであって、マインドマップをきれいに書くことが目的ではありません。

12個のルールを意識し過ぎたり、完成度の高いマインドマップを作成することにこだわっていたりすれば、逆に時間がかかってしまいます。

実際に私は、自分自身が分かれば十分だと思っているので、このルールのほとんどを実践していません

ブログのタイトルから派生していって、大まかに書く内容を決めていったら、その内容ごとに調べた情報をメモしておく

といった感じで、自分が記事執筆しやすいようにまとめているだけです。

 

(より簡易的な作成例)

①で大まかな内容を決めておいて、②で調べた情報をまとめてあるようなイメージです。

※あくまで画像はイメージなので、この画像と全く同じように行っているわけではありません

私と同じ方法が最善というわけではないので、自分がブログ記事を作成するのに便利な活用の仕方を模索してみて欲しいと思います。

まとまりのある文章を短時間で作成するステップ

ブログ記事を作成する時間を短縮するためにも重要なのは

記事を書く前のリサーチや構成に時間をかける

ということです。

準備をしっかりとしておけば、後はそれを見ながら文章を足していくだけの作業になります。

しかし、リサーチや構成が手抜きだと、実際に記事を執筆し始めてから、横道にそれてしまったり、書く内容に困って結局またリサーチをする羽目になってしまいます。

なので、最初はめんどくさく感じるかもしれませんが、この作業に慣れてしまえば、記事作成にかかる時間を大幅に短縮することが出来るので、是非取り組んで欲しいと思います。

実際に記事を作成するステップを以下のようにまとめましたので、参考にしてください。

ステップ1、リサーチ
ステップ2、大枠を作成し構成を決める
ステップ3、大枠に沿って記事を作成していく

それでは解説していきます。

ステップ1、リサーチ

私も、ブログ記事を作成する際に、自分の知っている知識だけで文章を書いているわけではありません。

どんな記事を書くのか決めてから、書籍やネットでリサーチをしてまとめています。

そのまとめたものを元に、記事の構成を決めているんですね。

実際にリサーチをする流れを簡単に説明します。

まずは検索エンジンでリサーチをしていくのですが、自分が「アフィリエイトで稼ぐためには」というような記事を書きたいとします。

そうしたら、「アフィリエイト 稼ぐ方法」「アフィリエイト 稼ぐ人」などと検索をしてみます。

(いろいろなサイトを見てリサーチする)

色々なサイトが出てくると思うので、片っ端から見ていって、参考になると思う内容を、メモ帳などにコピペしていってください。

ここで重要なのは、“少しでも”気になったらメモ帳にコピペするということです。

なぜなら、リサーチの段階では書くつもりがないことも、構成を決めていく段階で必要になることがあるからです

全く必要ない情報までまとめる必要はありませんが、気になる内容があったらどんどんメモしていきましょう。

ステップ2、大枠を作成し構成を決める

それでは、リサーチした情報を元に大枠を決めていきます。

この記事で紹介したマインドマップを活用して、まずは全体的な記事の構成を決めていってしまいましょう。(①)

構成が決まったら、そのパートで書く内容をリサーチした情報の中から探して記入してください。(②)

(①から②の順で作業する)

この段階ではしっかりとした文章にする必要はありませんので、自分が理解出来るような書き方で十分です。

ステップ3、大枠に沿って記事を作成していく

大枠をしっかりと作成しておけば、ほぼ記事は完成したようなものです。

大枠を見直して、全体像をしっかりと確認してから、読み手を意識しつつ文章にしていきましょう。

最初から順番に執筆していっても良いですし、文章を書きやすいところから手をつけていっても問題ありません。

最終的に完成した文章を確認してみて、問題なかったら装飾をして投稿してしまいましょう。

(自分が分かり易いようにしておく)

画像を挿入する予定がある場所には、事前に挿入場所にチェックをするなどしておくと、装飾をする時に挿入場所を探す手間を省くことが出来て、時間も短縮に繋がりオススメです。

まとめ

今回は、ブログ記事の作成時間を短縮するために

  • いきなり文章を書き始めない
  • まずは大枠を決める
  • マインドマップを活用すると良い
  • 記事作成のステップ

・・などについて解説してきました。

私自身、アフィリエイトを始めた頃は、自分の体調のことや妻と子供のケアもしつつの作業だったので、思うような作業時間が確保出来ませんでした。

なので、何の工夫もせず記事を書いているだけでは、全く記事が完成しません。

より効率的な方法がないか試行錯誤した結果、現在の方法にたどり着いて、記事を書く時間も最初の半分以下になりました。

記事作成に時間がかかり過ぎていたり、まとまりのある文章が書けなくて困っている場合は、今日の作業から取り入れて欲しいと思います。

記事作成をしていたり、アフィリエイトの作業を行っていて、どうしても他人の成功が気になって作業が捗らない場合は、以下の記事も読んでみてくださいね。

→他人と自分を比較してアフィリエイト作業が捗らなかった時に私が対処した方法とは

(この記事では、私がアフィリエイトを始めたばかりの頃に、作業が進まず悩んでいた状況をどのように克服したのか紹介しています。)

記事を作成する時間が短縮されれば、さらに別の作業をすることも出来ますし、趣味の時間や家族との時間を増やすことだって出来ます。

しかし、1記事書くのに時間がかかり過ぎてしまえば、その分ブログに訪れてくれたユーザーに提供出来る価値の量が減ることになってしまいます。

記事を短時間で作成出来るようになって、より多くの記事を書いて価値を提供し続けてください。

こうした努力が、あなたに大きな利益をもたらしてくれるですよ

最後まで読んでくださり、誠にありがとうございました。

今回の記事で疑問や質問などありましたら、以下から問い合わせください。

→ソラへ問い合わせる

今後解説して欲しいことの要望や、現在悩んでいることなど、何でも良いので気軽に相談してくださいね

これからも価値のある情報の発信に努めていきますので、是非また起こしください。

私と一緒に人生をより良いものにしていきましょう。

ソラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。